NPO法人 健康麻雀グループ~千葉県柏市  04-7144-5108  受付8:30-19:30

ペンチャン待ちの百科事典!コレを考えただけで劇的に麻雀感が変わった!

ペンチャン待ちとはシュンツを作るための待ちの一つです。

あなたはペンチャン待ちは嫌いですか?
一番上がれそうにない待ちだと考えていますか?

みなさんの評判はあまりよくないペンチャン待ちですが、いつも両面待ちにはならないのが麻雀の面白いところ

今回はそんなペンチャン待ちの切り時、扱い方など動画も交えて読みやすい記事にしました

というわけでこんにちは!

NPO法人 健康麻雀グループの河原 健治です。
私はこれまで16年間、柏市内で初級者のお客様に対して麻雀を教えてきました。
みなさんがよく間違える疑問や、強くなるために必要な知識はすべてわかっています。

よくあるペンチャン待ちの扱い方にもテクニックがあるんです。
うまく扱うことで上がりやすくもなります。

まず最低限必要な知識を頭に入れ、そして少しステップアップした技術を身に付けることで麻雀が上手くなるはず。

「なかなか麻雀が上手くならない!」

と考えているんでしたら、今回はぜひそのチャンスだと思って読み進めて下さい!
ペンチャン待ちから学ぶ知識の多いことに気が付くはずです。

麻雀をする以上ペンチャン待ちは避けて通れません。
みんなが嫌いなペンチャン待ちの扱いがわかれば強くなると思いませんか

なお中級者の方のために最低限必要な知識は最後に解説し、みんなが知りたいポイントから書きました。

基礎知識が不安な方は最後から読むこともオススメします。
それでは参りましょう!

スポンサーリンク

1. みんなが悩むペンチャン落としのコツ

1-1.ペンチャンとカンチャンの比較

麻雀をしていると必ずこんな形に遭遇します。

 

上図は序盤の牌姿とします。
ここに を引きました。
さて何を捨てたら良いでしょうか?

このケースではを 順に捨ててペンチャンを嫌うのがセオリーです。
これは典型的なペンチャン落としの 例です。

このようにペンチャンよりカンチャンの方が優先されるのは、両面へのなりやすさが違うからです。
カンチャンの方が両面に変わりやすいから大事にされるのです。
この点に関しては後ほど詳しく解説します。

ここでのポイント!
麻雀では基本!ペンチャンよりカンチャンの方を大事に残す!
 

ではどっちから捨てるのか?
それにはケースにより違うことを知っていますか?

今さら聞けない!麻雀のカンチャン待ちの基本解説と上がりやすい使い方

2017.12.25

1-2.ペンチャン落としは内側からか外側からか?

 

ペンチャンを落とすといっても、 内側から落とすのか?外側から落とすのか?
の場合に内側のからか?外側のからか?ということです。

こんな疑問を持ったことはありますよね!

麻雀は一手切り遅れることで、それが当たり牌になるケースが多くあります!
一手切り間違えることでせっかくのメンツを逃すこともあります。

 

 


小さなことのようですが以外にもこれが重要なんですよ!

これについて解説します。

1-2-1.基本的な考え方

麻雀の基本的な考え方です。
序盤では4つメンツ素材を集めていきます。

これは 早いテンパイに向けて、四人が同じように行っています。

麻雀の牌にはA から Dの4つランクがあります。
この点に関しては後述していますから確認してください。

簡単に言えば真ん中牌(牌ランクAやB)の方がメンツになりやすいのです。
数牌なら、2から8が中心。
そして両面ターツがみんな大好きです。

素材が集まれば中盤からは不必要な部分をカットしていきます。

通常は中盤~終盤ではテンパイしている方がいます。
またリーチもかかるかもしれません。

ですから不必要なペンチャン部分をカットする場合は、危険な内側から捨てるのがセオリーになります。
ならからです。

基本的に真ん中牌の方がメンツになりやすいと書きました。
メンツになりやすい牌=※中張牌(チュウチャンパイ)=危険牌ということです。

中張牌(チュウチャンパイ)
数牌の2~8の牌のこと

ここでのポイント!
ペンチャン落としの基本は内側から!
内側の中張牌の方がメンツになりやすい牌(危険牌)だからです。
 

 

初心者のうちはこれだけでもOKだよ!

1-2-2.外側から落とす場合!

ここからは自分のレベルが徐々に上がってきたら知識として身に付けていこう!

 

ペンチャンを落とす場合は、すぐにを引いた場合のことを考えます。
を落としてすぐにを引いた場合、の両面の形になります。
これはもちろん※フリテンになりますが、残しておいても良い場合もあります。

※フリテンとは
上がり牌が自分の捨て牌にあればフリテンになります。フリテンはロン上がりできません。

麻雀のフリテンがなぜわからない?スッキリわかる感動の覚え方がある

2017.11.29
 

それは上図のように、残りのターツがすべて両面の形でない場合です。

 

の中で両面の形はのひとつだけです。

こんなケースの場合はフリテンといえども、残しておくのが良いでしょう。
そのためにから(外側)を落とすのです。

もうひとつ例を出します。

 

上図を見てください。
ここに索子のを引いてきました。
あなたなら何を捨てますか?

この手牌は、頭が確定してません。
そしてタンヤオができるかもしれませんね。
こんな時は外側のから捨てて、の重なりに期待します。

ここでのポイント!
ペンチャン以外の残りの形でカンチャンが多い場合には外側から落とす!
しかしフリテンになった場合には十分注意すること。
タンヤオ役が出来そうなで、頭が確定していない時は外側から落とす!
 
 

 

1-2-3.内側から落とす場合!

 

上図を見てください。
ここにを引いてきました。
ドラは とします。
あなたなら何を捨てますか?

はツモ切りですか?
ここはドラのを引いた時の事を考え、 ペンチャンを落とすのがセオリーです。

この場合のペンチャンは内側から落とすのか外側からか?
同様にペンチャン以外のターツを見てください。

 

両面と 役牌のトイツの良い形が残っていますね。
こんな時は (内側)から落として、完全にペンチャンと決別するのです。

残りの形が良いためにを引いて、フリテンをわざわざ残すことは考えなくても良いのです。

ここでのポイント!
ペンチャン以外の残りの形が両面形で良形の場合には内側から落とす!

1-2-4.内側か外側かは他家の捨て牌から判断する

1-2-1章では内側から落とすのがセオリーだとしました。
これは内側牌=メンツになりやすい=中張牌=※危険牌だからです。

どうして待ちがわかるの?麻雀の危険牌のプロ級の読み方とは

2017.12.28

でもいつもそうだとは限りません。
これはあくまでも一般的な話です。

今他家の3人の捨て牌が下図のようだったとします。

A 
B 
C 

 

あなたがこの場合にペンチャンのを落としたいと思った場合に考えてみて下さい。
このケースでは明らかに危険なのは