NPO法人 健康麻雀グループ~千葉県柏市  04-7144-5108  受付8:30-19:30

どうして待ちがわかるの?麻雀の危険牌のプロ級の読み方とは

危険牌とは?
他家のリーチ時に放銃してしまう危険が高い牌のこと

麻雀でトップを取るためには、上がる事も必要なことになりますが、何よりも他家への放銃は避けなくてはなりません。

放銃をさけるには、危険な牌を避けてできるだけ安全牌を切る必要がありますが、安全牌の読み方があるように危険牌を読む方法も存在します

簡単に言えばこうです。

安全牌ではない=すべて危険牌

しかし振り込みを避け降りてばかりでは勝つことはできません。危険牌にも危険度の順位があります

慎重に危険牌を選びながら、放縦を避け、上がりに向かうイメージが大切です。

今回の記事では、捨て牌から見る典型的な危険牌の読み方を知ることができると思います。

実感できちゃうほど麻雀が楽しくなる!
健康麻雀教室で実践してきた教え方を公開しています

 

 

1.危険牌とはどのような牌なのか?

危険牌というのは、他家のテンパイ者に対して放銃をする危険性の高い牌の事です。安全牌とは真逆の牌という事になります。

危険牌の読み方を他家の捨て牌から読む方法を初心者向けに説明していきますが、どれも基本的な部分なので、しっかりと理解をする必要があります。

1-1.危険牌と安全牌

危険牌と一言でいってもその危険度というものは、様々になりますし、安全牌も同様に完全に安全な牌と、おそらく安全な牌という形にわかれます。

同様に危険牌も最も危険と予想できる牌からさほど危険とは思えない牌も存在しますが、原則的に完全な安全牌は、現物や他家が捨てた共通の牌などになります。

安全牌以外はロンされても不思議ではありません

安全牌についてもっと詳しくは
麻雀の安全牌はこうして見つける!守りを固めればトップが取れる

1-2.捨て牌から危険牌を読むポイント

危険牌を予想する時に最も重要なポイントは、リーチをかけてきた他家の捨て牌をよく観察することになります。

100%ではありませんが、より危険牌を予想して打牌をすることは、放銃を避けるために最も大切な手段のひとつだといえます。

1-2-1.捨て牌にヤオチュウハイが多い局面

ヤオチュウ牌というのは、数牌の「1」「9」と字牌の事をいいます。

捨て牌に、「ヤオチュウ牌」が多いという事は、手の中にある牌の多くは「数牌の2~8」で、定石通りのピンフやタンヤオを狙った戦術の事が多くなります。

麻雀の最も基本的な役作りとも言える、「メンタンピン」と呼ばれる戦術は、「面前でピンフ、タンヤオ、リーチ」を狙うのが目的になります。

ピンフを狙っている場合は、順子を基本にしていますし、タンヤオは、数牌の「2~8」で構成されるチュンチャン牌を必要とします。

結果的に危険牌として予想されるのは、「チュンチャン牌」となり、ピンフを警戒するのであれば、両面待ちを考慮する必要があります

1-2-2.捨て牌にチュンチャンパイが多い局面

「チュンチャン牌」とは、数牌の「2~8」の事をいいます。

■チュンチャン牌
萬子 
筒子 
索子 

捨て牌にチュンチャン牌が多い場合は、いくつかの戦術が考えられますので、順に考えていく必要があります。

序盤から捨て牌にチュンチャン牌が多い場合は、配牌時から聴牌に近い状態になっているか、手牌の多くが「ヤオチュウ牌」になっている事が予想されます。

聴牌が近い場合は、リーチをしてくれれば、読みやすくもなりますが、ダマで聴牌の形をとられるとかなり読みにくくなるので注意が必要です。

一方、聴牌まで遠いのに「チュンチャン牌」が多く捨て牌にある場合は、「チャンタ」「ジュンチャン」などの役を狙っている可能性があります。

また、変則的な役として、「七対子」や「国士無双」を狙っている事も考えなくてはならないので、状況や相手の捨て牌に注意をする必要があります。

このような時には、放銃した時のダメージも大きくなる危険もありますし、スジ読みなどの定石が通用しない事も考えられます。

特に国士無双などを放銃してしまっては、一気に持ち点がなくなってしまいますから、「チュンチャン牌」の現物をいくつか手牌に確保しておくことが理想だといえます。

1-2-3.数牌の捨て牌に偏りがある局面

捨て牌に数牌の極端な偏りがある場合は、「ホンイツ」や「チンイツ」を狙っている可能性が考えられます。

捨て牌が、萬子と筒子が殆どで、索子がなければ、索子の「ホンイツ」か「チンイツ」の可能性があります。

同様に、萬子と索子が殆どであれば、筒子、筒子と索子が殆どであれば、萬子の「ホンイツ」か「チンイツ」の可能性が考えられます。

このような状態の時に注意をする点は、特定の数牌が捨て牌にあるのですが、特に序盤から、真ん中よりの牌が切られていれば、より確実な読みになるといえます。

「ホンイツ」や「チンイツ」を狙っている時の危険なサインとして、集めているはずの牌を打牌した時に聴牌になったと考えられます

ほぼテンパイしてとして対処することが大切

特に初心者の場合は、「チンイツ」の時は待ち牌が解かりにくいことから、リーチ前や聴牌近くになると、長考が目立つようになります。

一方で上級者になると「ホンイツ」や「チンイツ」を狙っていると見せて、多く捨てている牌の種類を上手く待ち牌にしている事もあるので注意が必要です。

1-2-4.字牌の残り数に注意をする局面

字牌は最も危険牌とは、遠い存在になりやすい牌のひとつですが、局面や展開によっては、危険牌になる事も考えられますので注意が必要です。

特に七対子や国士無双の時には、字牌が待ち牌になる事が多くなりますし、単騎待ちに利用する人もいますので、他家の捨て牌を確認する事が重要になります。

字牌を安全牌として確保するのであれば、はじめから決めた牌にするのではなく、様子を見ながら、最も安全牌になるものを確保しておくことがポイントだといえます。

基本はなるべく多く捨てられている字牌を安全牌とする。

2.スジ読みを使った危険牌の読み方

危険牌を予想する時に他家の捨て牌を確認することは、基本になりますが、スジ読みを使った危険牌の探し方もいくつかありますので紹介をします。

2-1.危険牌と裏スジ

裏スジというのは、表スジが安全牌を予想する手段と言われている逆の存在で、危険牌を推測する手段のひとつになります。

裏スジは、数牌全てに関連する方法で、萬子・筒子・索子が該当する牌になりますので、以下に裏スジを記載しておきます。

の裏スジ 
の裏スジ 
の裏スジ 
の裏スジ 
の裏スジ 
の裏スジ 
の裏スジ 
の裏スジ 
の裏スジ 

具体的に説明をすると、手牌にとあったとします。

この場合他の手牌にもよりますが、はさほど重要な牌になっていないので、序盤に切る事も考えられる牌になります。

が序盤で打牌されていうこということは、が手牌に残っていますから、の両面待ちだという事がわかります。

上記のを見ると裏スジは、となっている事がわかりますから、危険牌だという事になります。

裏スジはあくまでも危険牌の推測になりますが、信頼度という点では、の裏スジが最も効果的だと言われています。

が序盤で切られている場合は、待ちを推測して、あわてて打牌をしないように様子を見る事が必要だといえます。

裏スジに関してもっと詳しくは
麻雀の裏スジは危険牌の第一候補!覚えることで振り込みを減らそう!

2-2.危険牌とまたぎスジ

跨ぎスジ(またぎスジ)は、捨て牌を跨いでいるスジを使ったスジ読みで、危険牌を予想する時に利用します。

のまたぎスジ、
のまたぎスジ、
のまたぎスジ、
のまたぎスジ、
のまたぎスジ、
のまたぎスジ、
のまたぎスジ、

例えば、をまたいでいるスジは、はありますが、は跨げないので該当しませんから、のみとなります。

の場合は、③をまたいでいるスジは、となるので、この2種類がまたぎスジという事になります。

に関しては、またぐことができない端にある数字なので、またぎスジは存在しません。

裏スジは、のようにを捨て、両面待ちにすることを推定して危険牌を予測しました。

またぎスジの場合は、の形からを捨て、これも両面待ちにすることを推定して危険牌を予想するスジ読みになっています。

一般的な心理として、裏スジの時は、は不要牌と早い段階で打牌する事もありますが、の場合は、終盤までこの形の事もあります。

またぎスジでとすれば、の両面待ちになりますし、とすれば、雀頭にするか、他の牌とのシャンポン待ちにもできます。

最終的にのどちらかを打牌しなくてはなりませんが、スジ読みの基本は「両面待ち」ですから、を切る形を推測することになります。

手牌予想が、ですから、上図を見るとわかりますが、の跨ぎスジでが該当している事がわかります。

実際の対局中には、他家がと持っているとは、わかっていませんから、のまたぎである、も危険牌と予測しなければなりません。

が打牌されたという事実だけしか、見えていない以上は、のどちらの状態からの切りかが判断できないからになります。

2-3.危険牌と間四間

裏スジが危険牌を予想する手段だと説明しましたが、実は以外はさほど強力な読みにはなっていません。

しかしながら、裏スジが重なっている状態だと危険牌としてかなり有力とされることになります。

この裏スジが重なっている状態の事を間四間と呼び、危険牌を推測するときには、かなり有効な手段だとされています。

間が4つ空いているから間四間と呼びますので、下図の4つの例がすべてです。

の間四間 
の間四間 
の間四間 
の間四間 

例えば形として、とあった場合です。この場合ピンズで1メンツ作るとした時、両面待ちを考えればは不要の牌になります。これが間四間の考え方となります。

間四間は特に序盤での捨て牌に注目をすることが大切になる事が多く、序盤は「裏スジ」や「間四間」で、終盤はリーチ牌のまたぎスジは危険だと推測できます

間四間についてもっと詳しくは
麻雀の定石!間四間(あいだよんけん)で負けないための守備力が付く

3.対局中に考える放縦しない打牌順序

色々と危険牌の予想方法を説明しましたが、おそらく初心者の人には、安全牌と危険牌の見極めにスジが多く絡んでいるので、実際の対局では全く理解できないと思います。

そこで、完全にスジ読みなどを覚えるまでは、何を打牌するか迷った時に考えられる順番を決めておくと、長考せずに打牌をすることができます。

他家がリーチをかけた事を想定した説明になりますが、最初の打牌は、「一発」を避ける事を最優先に考えます。

絶対に放銃しない牌を打牌する!

実は、これが麻雀の基本でもあり、鉄則でもありますが、問題はどの牌を打牌するのかという事だと思います。

基本は、絶対安全牌を打牌することになりますが、絶対安全牌というのは、スジ読みなどの曖昧な読みではなく、完全な安全牌を意味します。

それは現物牌同巡安全牌、全員共通の捨て牌などがあげられます。

現物牌は、リーチをした人の捨て牌にある牌なのでその人以外には対象とはなりませんが、少なくとも「リーチ一発」は避けられます。

同巡安全牌は、リーチ後に自分の上家が打牌した牌であれば、同巡内であれば、誰も上がる事はできません。

全員共通の捨て牌は、自分以外の他家が全員共通の牌を捨て牌している時の牌で、完全な安全牌になります。

基準はこの3つになります。

その後は、「スジ」や「壁」などの読みを使う事になりますが、できるだけ現物や完全な安全牌を打牌して、放銃を避ける事をお奨めします。

4.危険牌の間違いとポイント

危険牌の推測の仕方には、他家の捨て牌を確認しながら、スジ読みをする基本的な方法になりますが、あまり過信してはいけません

現物以外はロンされる可能性はある」と覚えておいて下さい。

また、スジ読みには様々な考え方があるので、表スジが安全牌で裏スジが危険牌だという事を間違えて覚えてしまっている人もいるようです。

5.まとめ

麻雀の危険牌を読む時の鉄則は、誤解を恐れずに言えば、完全な安全牌以外は常に危険牌と考えても良いといえます。

勝負事ですから、必ずしも降りてばかりはいられませんが、現状の点差や順位などを考えた上で、不必要な勝負はさける勇気も必要になります。

打牌をする時には、スジ読みで安全だと判断した不要牌よりも、現物の刻子の方が良い判断になる事もありますので、状況判断に応じて臨機応変に対応しましょう。

振り込みを避けることは、麻雀の楽しみに必ず繋がります。「降りることは楽しい」と考えられるようになりましょう。




そもそも健康麻雀って何?
健康麻雀について

リタイヤ後の趣味として、男女かかわらず全国的に普及しているのが健康麻雀です。
「賭けない・吸わない・飲まない」のコンセプト!
もしかするとご存じない方も多いのでは。詳しくは黄色のボタンで解説しました。






千葉県柏市で営業!お近くの方はぜひ!
NPO法人 健康麻雀グループへ
ようこそ!

「麻雀を賭けないでやって面白いの?」
「怖いイメージがあるけど大丈夫?」
もしあなたが健康麻雀に興味があるならこのお店に一度は行ってみるべき!

ひとことでは言えないとても楽しいシステムで健康麻雀を開催しています。黄色のボタンからどうぞ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です