NPO法人 健康麻雀グループ~千葉県柏市  04-7144-5108  受付8:30-19:30

もう怖くない!麻雀の多面張が一目でわかる4つのポイントとは?

多面張とは?
多面張とは、待ちが3面待ち以上の状態のこと

麻雀の待ち方には、両面待ちや単騎待ちなど様々な待ち方があります。基本的な待ち方は、1~2種類の牌になる事が多いと言えます。

同じ種類の数牌で集めていると頻繁に3面待ち以上になることがあります。このような形になると初心者の人は、待ちを見逃してしまう事もあるようです。

多面張の説明と実戦で見られるパターンをいくつか説明します。この記事を読めば、3面待ち以上になっても慌てることなく対処が出来るよでしょう。

私が当店の初心者教室で教えている内容です。

多面張の難しい待ちがパッと見てわかるようになりたい!」そんなお悩みが解決できると思います。

実感できちゃうほど麻雀が楽しくなる!
健康麻雀教室で実践してきた教え方を公開しています

1.多面張(タメンチャン)

ここでは、多面張の事について説明をしていきます。代表的な多面張の基本を学んでおきましょう。

1-1.多面張とは?

多面張とは、3面待ち以上の待ち方の事を言います。通常、両面待ちだと2面になりますので、3面待ち以上の効率の良さが理解できると思います。

多面張は、多面待ち(タメンマチ)という言い方もあります。初心者の場合は、どうしても多面張になると、何待ちかがわからなくなるようです。

3面待ちの状態を2面待ちと間違えてしまうケースが多くあります。特に変則的なパターンだと見逃してしまい、※フリテンになるケースもみられます。

フリテンとは?
麻雀の最重要ルールのひとつです。自分の上がり牌を自分の河に捨てている場合にこれをフリテンと言います。この場合にはロン上がりはできません。当教室でもなかなかフリテンを理解できない方が多くいます。上記に書いた定義をしっかり覚えて下さい。詳しくは下記サイトでも解説しました。
麻雀のフリテンルールは必ず覚えなさい!攻めると降りるに使えます

1-2.わかりやすい多面張

最も初心者の方にも解かりやすい3面待ちの例で説明をします。実戦の時にも良くみられるパターンなので、覚えておきましょう。

多面張の説明に関しては、手元に麻雀牌がある人は実際にやってみましょう。実際の牌を使う事で、比較的スムーズに覚えられると思います。

スジを利用した3面待ち

A  

の3面待ち

Aは、どれが来ても上がれる状態の3面待ちです。
が来れば、になります。
が出れば、になります。
が出れば、になります。

これは、の※スジを利用している3面待ちになっている事がわかります。

初心者の方はスジがわからないと思います。スジは重要な麻雀用語です。必ず覚えなければいけません。それは待ちにも利用できますし。攻めや守備にも登場してくるからです。当麻雀教室では「スジはプラス3、マイナス3した関係」と覚えさせています。つまり!
■147の関係(イースーチーの語呂で覚える)
■258の関係(リャンウーパーの語呂で覚える)
■369の関係(サブローキューの語呂で覚える)
で覚えましょう。もっと詳しく知りたい方は、下記サイトをご覧ください。
めざせ!麻雀スジの達人Part1~待ち・切り方を詳しく解説vol.11
めざせ!麻雀スジの達人Part2~リーチの守りと攻め方vol.12

B 

の3面待ち

Bは、のどれが来ても上がれる状態の3面待ちです。

が来れば、