麻雀の対子とは?雀頭・七対子・刻子に使う場合の基礎知識を解説

対子とは?
対子とは同じ牌が2枚そろっている状態のこと

麻雀で使用される言葉には、「面子」「順子」「刻子」「塔子」「対子」というように、「○子」というスタイルになっている用語が多く存在します。

もちろんそれぞれの言葉に意味や由来がありますが、ここでは対子に注目をして様々な角度から考えていきます。

読み終わる頃には、対子をはじめとした関連する麻雀の用語に関する知識が確実に向上していると思います。

実感できちゃうほど麻雀が楽しくなる!
健康麻雀教室で実践してきた教え方を公開しています

1.対子(トイツ)とは?

対子とは、全く同じ牌を2枚そろえた状態の事で、「字牌」「数牌」どの牌でも可能な形になります。

対子の例

萬子の対子   
索子の対子   
筒子の対子   
三元牌の対子   
風牌の対子    

図を見るとわかるように「対子」は、2枚揃っているので「雀頭」としての役割には使えますが、面子にはなっていません。

対子が面子になるためには、基本的に同じ牌をもう1枚そろえて、「刻子」にする必要があります。

2.対子の役割

麻雀用語としての知名度は、それなりに高く初心者の方でも知っている事が多いのですが、実際の対局での対子の役割に注目をしてみます。

2-1.雀頭として活躍する対子

対子は、何度も説明しているように2枚の同じ牌がある事が条件ですから、刻子の一歩手前であると同時に、「雀頭」としての役割を果たすこともできます。

麻雀の上がりの基本は、「1つの雀頭と4つの面子」と言われている通り、特殊な役を除くと殆どの役には、「雀頭」つまり「対子」が登場している事がわかります。

2-2.対子でつくる役の七対子

先ほど麻雀の役の基本は、「1つの雀頭と4つの面子」と言ったそばから、紹介するのも気がひけますが、「対子」が最も目立つ役と言えば「七対子」になります。

「七対子」(チートイツ)は、麻雀の役の中でも特殊な役の一つで、文字通り「7つの対子」で役が完成する2翻役になります。

「七対子」は、特に牌の指定はありません。待ちは必ず「単騎待ち」になるので、決して良い待ちとは言えませんが、読みにくいという利点もあります。

七対子(チートイツ)の完成形

A)基本的な七対子です

B)一盃口(イーペーコー)は?

この形は一盃口役との複合はありません。

C)タンヤオチートイ

タンヤオは1役、チートイツは2役で合計3役の手牌

D)ホンイツのチートイツ

ホンイツは3役、チートイツは2役で合計5役の手牌

E)ホンロウチートイ

ホンロウは2役、チートイツは2役で合計4役の手牌

七対子は、他の役と同時に完成させることで一気に高得点になる事もありますし、立直をかけると「裏ドラ」があれば自動的に2翻追加になります。

■注意!七対子の完成形??
F)

Fは、一見すると「七対子」に見えない事もありませんが、が4枚あるので「対子」ではなく「槓子」です。

このような形は、「七対子」にはなりません。「七対子」はあくまでも7種類の対子がなければいけません上がる事は出来ませんので、注意が必要だといえます。

2-3.麻雀の不思議な対子場と順子場

麻雀の初心者の方にはあまり経験がない事かもしれませんが、対局の数を増やしていくと「配牌」の時や「ツモ」の時に何となく傾向が出る事があります。

「ツモ」をすると、やけに「対子」ばかりできてしまうような時もあれば、「両面塔子」からの「順子」といった流れの時があります。

デジタル麻雀を好む人に言わせれば、ただの「オカルト」で根拠もなければ、理論的にも説明できないと言われそうですが、実際にあるというのが本音です。

確かにただの偶然だと言われても仕方がありませんが、偏った「配牌」や「ツモ」になる事は麻雀をたくさんやると経験できる不思議な現象です。

「対子」ばかりが集まる時の流れを「対子場」と言うのに対し、「両面塔子」から「順子」となる流れを「順子場」などという事もあります。

このような事は、昔から言われていることですが、科学的には何も立証できませんので、結論は出せませんが、この「運」のような要素も麻雀の魅力だと考えられます。

2-4.実践で迷う七対子と対々(トイトイ)

実際に麻雀を打っていると多くの人が迷う代表的な場面の中に、面前で「七対子」を狙うか、副露をして「対々(トイトイ)」にするかという局面があります。

七対子も対々(トイトイ)も基本的には2翻役なので、非常に悩みますが、どちらにもメリットとデメリットが存在するので、難しい局面だといえます。

このような時ばかりは、自分の判断になるのですが、やはり他家の捨て牌を見ながら、残りの牌の数を計算して決める事も大切になります。

実際には、確率だけではなく、残り1牌の牌でも「ツモ」や「ロン」で上がれる時は簡単に上がれる事もあるのが面白い所だといえます。

七対子と対々の完成形

七対子 面前で上がれる
 

対々は鳴いても面前でもOK
 

3.対子と塔子は仲間なの?

対子と似た形に塔子(ターツ)がありますが、実際に双方とも面子に1枚足りない形という見方もできるので仲間のような気がしますが、実際には仲間なのでしょうか?

他の関連する用語も簡単に説明していきますので、まとめて覚えてしまうのも悪くないと考えられます。

3-1.面子(メンツ)

面子は、麻雀で上がる時に必要な3枚組か4枚組の事で、「順子」をはじめ「刻子」や「槓子」があります。

「順子」は、同じ種類の数牌が連番で3枚並んでいる事が条件になる面子で、「刻子」は、同じ牌が3枚、「槓子」は同じ牌が4枚そろっている状態になります。

順子の例

  

数牌が連番になる事が、条件なので、「萬子」「筒子」「索子」のどの数牌でも同じ種類であれば問題はありません。

順子に関してもっと詳しくは
麻雀の順子(シュンツ)とは?絶対に知るべき!手作りの基本です

刻子の例

  

全く同じ牌3枚であれば、「萬子」「筒子」「索子」「風牌」「三元牌」のどの種類でも成立します。

刻子に関してもっと詳しくは
麻雀の刻子は鳴きやすい?安全牌にもなるから慎重にするべきです

槓子の例

 

基本的には、刻子と同様ですが、同じ牌が4枚そろっている事が、条件になります。

カンについてもっと詳しくは
麻雀のカンってどうやるの?初心者がよく間違えるカンのお話とは

3-2.両面塔子(リャンメンターツ)

両面塔子は、同じ種類の数牌が連番で2枚揃う事が条件になるので、「順子」に対する両面待ちという事になります。

両面塔子の例

  

3-3.嵌塔子(カンターツ)

嵌塔子は、同じ種類の数牌が1個とびで2枚ある状態ですので、「順子」に対する嵌張待ちという事になります。

嵌塔子の例

  

3-4.辺塔子(ペンターツ)

辺塔子は、同じ種類の数牌の中でも、「順子」に対する待ちが、辺張待ちになる事が条件になるので、6種類しかありません。

辺塔子の例

 
 
 

塔子に関してもっと詳しくは
麻雀のターツには3つの種類がある!やっぱり両面が大事という話

3-5.対子の位置づけ

簡単にそれぞれの用語を理解したところで、改めて対子と塔子の事を考えてみると、どちらも「面子」に対する1つ前の状態という事で共通しています。

「塔子」は、順子になりますし、「対子」は刻子になるという意味では、仲間として認めても良さそうな気もします。

次に現状の状態とグループで考えてみると、「面子」が最上位にあり、完成されている面子が「順子」「刻子」「槓子」になります。

一方で、面子未完成状態が「塔子」と「対子」になりますが、「塔子」は更に「両面塔子」・「嵌張塔子」・「辺張塔子」にわかれます。

以上を踏まえた上で、簡単な表にまとめると同時に「順子組」と「刻子組」にわけてみましょう。

面子 完成組

順子
刻子
槓子

未完成組

対子
塔子 両面塔子
   嵌塔子
   辺塔子

■順子組 順子 塔子
■刻子組 刻子 槓子 対子

図を見るとやはり、「塔子」と「対子」は仲間のような感じがしますし、理論的にも面子の1歩前で、それぞれ「順子」と「刻子」に分かれています。

ここまでくると、「塔子」と「対子」を仲間として認めるのが妥当だと思いますが、それぞれの言葉の意味を考えると一気にこの説は崩れてしまいます。

「塔子」の「塔」というのは、「高い建物であること」と同時に「層を重ねている」という意味も含まれています。

一方の「対子」の「対」は、「対になる」という意味からもわかるように同じものという意味なので、絶対に「塔子」のように「層」にはなりません。

言葉の意味だけで考えると、「対子」と「塔子」は仲間にはなりません。しかし「順子」と「刻子」のようにそれぞれの位置づけという意味では分類上は同じだと考えられます。

4.対子の間違いとポイント

対子そのものに間違いは少ないと思いますが、対子でつくる役の七対子に関する勘違いが初心者にはよくみられます。

特に本文にあるような、「一盃口」や「二盃口」などの役との複合が認められないという事を事前に知っておくことが必要です。

一方で、七対子の場合に他の役と同時に完成しているにも関わらず、見逃してしまっているようなケースもあるようです。

七対子の場合は、タンヤオ、ホンイツ、チンイツ、ホンロウなどとの複合があります。チャンスが来た時は、狙って作ってみましょう。

5.まとめ

対子の関する内容でしたが、やはり実践面の「七対子」と「対々」とのどちらかを選択しなければならない局面での決断は頻繁にあるので難しいといえます。

他家の捨て牌の状況によっても、洗濯方法は変ってきますし、ドラや現在の自身の状態にもよると思います。

上級者から「ロン」で上がるには、両面待ちだとかなり厳しいと言われていますが、「七対子」は単騎待ちだけに自身の放銃に注意をすればチャンスはあります。

対子とは2枚同じもので、通常は雀頭として利用するものです。出来る時はいつでもできる対子ですが、出来ない時はちっともできないのも対子です。雀頭が出来なくて困る場合もよくあります。

そんなところも麻雀の楽しいところではないでしょうか。