麻雀は流局時の駆け引きが面白い!危険牌を押さえノーテンを選択

ノーテンについて解説します。

ノーテンとはテンパイではないことを意味し、上がりの形まで2牌以上必要な状態であることを指します。

麻雀はテンパイを目指すゲームですが、テンパイからノーテンに戻すこともあります。ノーテンについて知ればその駆け引きが上手くなるでしょう

面白いデータでは、麻雀で強い方ほど、流局時にテンパイにこだわらないという結果もあります。局の終盤でのテンパイとノーテンの駆け引きは麻雀の楽しさのひとつです。

そうなんです!麻雀は上がることばかりではありません。みんなが目指すテンパイまでのストーリーも楽しみましょう。

実感できちゃうほど麻雀が楽しくなる!
健康麻雀教室で実践してきた教え方を公開しています

1.不聴(ノーテン)とは

ノーテンとはテンパイしていないことです。テンパイとはあと1牌で上がりの形になる状態ですので、ノーテンとは上がりの形になるのに2牌以上必要なことです。

漢字で書くとテンパイは聴牌、ノーテンは不聴す。

麻雀はバラバラのノーテン状態から、規則性のあるまとまった形のテンパイまでもっていくゲームと言えます。

ノーテンであることがデメリットになるのは流局したときです。誰も上がることがなくすべてのツモが終わったら、自分がテンパイかノーテンかを宣言しなくてはいけません

それによって点棒のボーナスがあるからです。この時の点棒の動きは、回数を重ねると大きなものになります。

2.ノーテン罰符の払い方

流局したときにノーテンだったら点棒を支払わなくてはいけません。これをノーテン罰符といいます。それはテンパイが何人いるかで変わってきます。

また、テンパイ者がこの時に受け取る点棒のことを「テンパイ料」とも言います。

ノーテン罰符の払い方と、その時に生まれる持ち点の差を知って下さい。難しい話ではないので、大丈夫ですよ!

テンパイ者が1人だった場合
ノーテンである3人がテンパイ者に1000点ずつ支払います。
重要→この時にテンパイ者とノーテン者の持ち点に4000点の差ができます。

テンパイが2人だった場合
ノーテンである2人がテンパイ者にそれぞれ1500点ずつ支払います。
重要→この時にテンパイ者とノーテン者の持ち点に3000点の差ができます。

テンパイが3人だった場合
ノーテンである1人がテンパイ者3人に1000点ずつ支払います。1000×3で3000点の出費になります。
重要→この時にテンパイ者とノーテン者の持ち点に4000点の差ができます。

テンパイが0人か4人だった場合
点棒の移動はありません

一人だけノーテンだった場合は3000点の出費になります。これは安くない罰符と言えるでしょう。逆に一人だけテンパイだったら3000点の収入になります。

1000点や2000点の安い手を上がるよりもノーテン罰符のほうが高くなることがあるのです。

このことから流局前に形式テンパイを狙うことがあります。そのやり方について覚えましょう。

■もうちょっとテンパイについても知りたいと言う方は
麻雀のテンパイとは?待ちの種類からリーチ判断までを簡単解説!
麻雀はテンパイが目標!押し引きのヒントを知り上達⤴vol.14

2‐1.形式テンパイの狙い方

形式テンパイはテンパイの形だけを作る方法です。形だけですので役が無くても構いません。

麻雀は役が無いと上がることができませんが、流局すればノーテン罰符は貰うことができるのです。

あと数牌で流局と言う時に、鳴くことで形式テンパイを作っても良いです。鳴いてしまうと役が無くなる手でも、形式テンパイなら問題ありません。

形式テンパイは、テンパイ料をゲットするために狙うものです。

ツモがあと4、5回しかないときは形式テンパイを狙って鳴くことがあります。
例えば次のような状況です

をツモることができればテンパイという状況です。ここでツモがあと4.5回しかないという流局前の状態で、左手の上家がを捨てたとします。

そのをチーで副露しても、役がないので上がることができません。ですが形式テンパイは狙うことができます。チーをしての順子(数牌の3牌セット)を作り、西を捨てれば形式テンパイの完成です。

この後に流局し、ノーテンの方がひとりでもいれば、テンパイ料がもらえるということです。

2‐2.形式テンパイの注意点

先ほどの例では西を捨てて形式テンパイを取りました。状況によってはこれが間違っていることがあります。

例えば他家のひとりが下図ような鳴きをしているとします。

  

と3回ポンをしています。捨て牌のなかには出ておらず誰かが持っていると考えられます。このような状況ではを捨てることは絶対にしてはいけません。高得点の役を支払う可能性が高いからです。

少し極端な例を出してしまいました。がドラの時もあります。そんな時は形式テンパイを狙うために捨ててはいけません。

終盤になれば、誰かが必ずテンパイしていると思わなければいけません。そのような時にテンパイ料をゲットするために危険牌を捨て、ロンされるようなことはあってはいけません。

形式テンパイにすることができれば、最高3000点の収入が期待できます。ですが!!!

あくまでも形式テンパイは「振り込みをしない前提」で狙うものです。

終盤に形式テンパイを狙うかどうかも麻雀の駆け引きの楽しさです。

2‐3.終盤はテンパイしている人が多い

形式テンパイを狙うような終盤は捨て牌に注意しましょう。終盤であればあるほど誰かがテンパイである可能性が高いからです。

あと4、5回でツモが終わるのなら、テンパイになってもリーチをかける人は少ないです。リーチ棒の1000点を節約しようとするからですが、役があってもし上がれるなら上がろうとするでしょう。

特に最後の捨て牌で上がることができたのなら「ハイテイ」という役がつきますので注意が必要です。ノーテン罰符を狙って高い手を振り込むようなミスは避けたいものです。

3.テンパイからノーテンに戻すこともある

麻雀はテンパイを目指して進むものです。ですが場合によってはテンパイからノーテンに戻すこともあります。それは次のような状況です。

麻雀は自分ひとりでやっているのではありません。そして、リーチ者だけがテンパイしているわけではありません。振り込みには細心の注意が必要なのです。

3‐1.振り込みの危険がある

テンパイばかりを目指して誰かに振り込むミスはやってはいけません。時にはテンパイからノーテンに後退してでも危険を回避することがあります。

流局になってもノーテン罰符を支払うだけなので「この牌は危ない!」と感じたらテンパイを崩すことがあります。

トップを取るためには、上がることも大事ですが、一番大事なのは振り込みを減らすことです。

これがなかなか難しいのです。

3‐2.待ち牌が少ない

テンパイになっても上がるための待ち牌が少なければノーテンに戻すことがあります。

例えばのシャンポン待ちでテンパイしているとして、すでに2牌と1牌が捨てられているとしましょう。

上がることができるのは残りの1牌だけですので、出る確率は低いです。こんな時に危険牌をツモってきたらのどちらかを捨ててノーテンに戻す方が無難なのです。

自分が上がる確率が低い場合には無理にテンパイにとってはいけません。ここは冷静に安全牌を捨て、ノーテンの選択をしましょう。

これが出来れば初心者脱出ですね!

4.よくある間違い

形式テンパイを狙って誰かに振り込んでしまうことはよくあります。流局前は振り込みに警戒して捨て牌を選択しましょう。そのためには相手の捨て牌をよく観察することが重要です。

捨て牌は欲しい牌の反転、ネガフィルムのようなものです。つまり字牌が捨ててあれば手配は数牌が多く、1や9が多く捨てられていたら2から8を多く持っているはずです。危険な牌を察知して余計な振り込みをしないようにしましょう。

上級者になると目線や手の動き、捨て牌を見たときの反応でテンパイかノーテンかを察知することができます。とても難しい技のように思えますが、基本は同じ「観察」です。相手をよく観察してテンパイかノーテンかを見極めましょう

逆に言うと上級者とは何か?「テンパイかどうか悟られない打ち方」をします。いかにも「私はテンパイしています!」というような態度や雰囲気は出さないのも上級者なのです。

いつもクールで同じ動作を淡々とです。

5.まとめ

ノーテンについて解説しました。ノーテンであることがマイナスになるのは流局したときです。

最高3000点までの罰符を支払わなくてはいけませんが、それを回避するために形式テンパイがあります。形式テンパイを上手く使って、ノーテン罰符を貰う側に回りましょう

ただ形式テンパイを狙うような終盤では振り込みの危険が高いです。余計な振り込みをしないように注意しなくてはいけません。

この流局間近の駆け引き、攻防の楽しさも麻雀の魅力のひとつです!

以下のようなお悩みを抱えてはいませんか?


■退職後の余暇を充実させたい
■楽しみながら認知症予防をしたい
■麻雀を最初から覚えたい
■賭けなくてもワクワクしたい

 

もしかして健康麻雀を知らない?

  • 参加する方を飽きさせない考えつくした健康麻雀大会
  • 楽しい健康麻雀とは何か?を考えたやり方

を提供しており、第二の人生を歩み始めたあなたの課題を解決していきます。
まずはお気軽にお問い合わせください。