NPO法人 健康麻雀グループ~千葉県柏市  04-7144-5108  受付8:30-19:30

麻雀の壁を知らなきゃ勝ち目はゼロ!読むだけでスグに使える手法が凄い

壁とは?
場に同じ数牌が4枚とも見えている状態を利用した守備的な戦術のこと

麻雀の初心者はせっかく上がったと思っても、肝心な時に放銃をしてしまう傾向があります。

これは、攻撃型麻雀をしていると起きやすい現象で、麻雀の上達には放銃を減らす、守備的な麻雀を覚える必要があります。

それでは相手のリーチなどに対してどのように守備をすればよいのでしょうか?そんな時に覚えて欲しいのが「壁」の考え方です。

覚えることで格段に振り込みが少なくなると思います。

実感できちゃうほど麻雀が楽しくなる!
健康麻雀教室で実践してきた教え方を公開しています

 

スポンサーリンク

1.麻雀の壁の正体と仕組みについて

麻雀にはいくつかの守備的な戦術が存在しますが、その中でも難易度は高めではありますが、比較的安全牌を探すのに良い考え方のひとつに壁があります

1-1.壁の仕組みと考え方

壁とは、別名ノーチャンスとも言われている用語で、場に4枚見えている状態の牌を利用した守備的な戦術になります。

場に4枚見えているという事は、その見えている牌を誰も利用することができないという事から、安全牌を読み取る事が可能になります。

なかなか場に4枚見えている状態も少ないといえます。そんな時3枚でも壁に近い考え方が可能です。むしろ通常はこの場合がほとんどと言っても良いでしょう。

より多く見えている方が「壁」の考え方をより有効に利用することができます。

壁は、両面待ちに対する守備的な考え方なので、基本的に相手の待ちが、両面待ちである事が大前提になります。

図A)壁の仕組み初級編

場にが4枚とも見えている時に壁を利用して安全牌を探します。

この時にを使用した両面待ちはありえません。

つまり、のケースはありえないということです。

の待ちはです。そのうちはほぼ安全牌と言えますが、に関しては、安全牌とは言えません。それは相手がと持っていての待ちの可能性があるからです。

図Aは1種類の両面待ちに対する考え方なので、わかりやすかったと思いますので、今度は少し複雑にしてみます。

場にが4枚とも見えている時に壁を利用して安全牌を探します。

図Aと同じ考え方で、を利用した両面待ちはありえません。

つまり、は誰もつくる事ができない両面待ちです。の待ちは、の待ちは、となります。

この時に先ほどと同じ考え方をすると、のうち、に関しては、安全だと予想が出来ます。待ちをされているケースがあります。待ちのケースがあります。

従って、安全だと予想できる牌は、という事になりますが、100%の安全牌ではないので注意をすることが必要です。

この仕組みを一番簡単に言うと

壁となる牌をまたいでいるスジの外側(端に近い)の牌は比較的安全という考えです。(但し5は除く。後ほど説明します)

例えばの場合は、またぎスジが。よっては比較的安全
例えばの場合は、またぎスジが。よっては比較的安全。

1-2.壁が通用するのは両面待ち

壁を使った安全牌の探し方は、あくまでも両面待ちを想定しているので、他の待ち方だと安全牌というよりも危険な牌になる事もあります。

何故、スジや壁などの読み方で安全牌を予想して牌を切るのかというと、両面待ちが最も効率が良いからというのが理由になります。

※単騎待ちをはじめ、カンチャン待ちやペンチャン待ちは、確率的に低いというのは、初心者でもわかりやすいと思います。

よく考えてる?麻雀の単騎(タンキ)待ちリーチに潜む危険とは

2018.02.25

ところが、初心者の中には、シャボ待ちとリャンメン待ちの効率の違いを理解していない人もいるようです。

図)待ちの例

カンチャン待ち

待ち、は最大で4枚

ペンチャン待ち

待ち、は最大で4枚

シャボ待ち

待ち、2枚と2枚の合計4枚

両面待ち

待ち、4枚と4枚の合計8枚

もちろん、他家や自分の捨て牌の状況によっては、確率は違ってきます。あくまでも最大という考え方をすると両面待ちが最も確率が高いといえます。

待ちの種類についてもっと詳しくは
脱初心者!麻雀5つの待ちを覚える~健康麻雀先生伝授vol.6

えつ?スジがわからない?そんな方は下記のサイトで確認!
これなら簡単!麻雀のスジを覚えれば待ち牌と切り方がスグにわかるvol.11
初心者にオススメ!麻雀のスジを使った安全牌の見つけ方!リーチ者への対処方法がわかる!vol.12
中級者にオススメ!麻雀スジ関連用語10選が「完璧」にわかる資料

2.これで完璧!麻雀の壁の初心者向け講座

壁と言われても、まだピンとこないと思いますし、麻雀初心者の人には少々難しいといえますので、順番に具体例をあげながら説明をしていきます。

2-1.具体的な牌ごとの壁の説明

壁と呼ばれる状況は、全部で7種類あり、萬子(マンズ)・索子(ソーズ)・筒子(ピンズ)のそれぞれのスジが安全牌ということになります。

具体例は、筒子(ピンズ)になっていますが、索子(ソーズ)や萬子(マンズ)も同様の考え方になります。

もう一度確認します!

壁となる牌をまたいでいるスジの外側(端に近い)の牌は比較的安全という考えです。(但し5は除く。5についてはこれから順に説明します)

また以下に4枚見えていると書きましたが、通常は3枚程度がほとんどです。3枚であっても壁の考え方は同じです。ただ少し安全度が低くなるだけです。

2-1-1.が4枚見えている状態

が絡む両面待ちターツは、のみですから、の待ちになります。

は安全だと言えますが、に関しては待ちを否定できませんので、は安全な牌ではありません。

2-1-2.が4枚見えている状態

が絡む両面待ちのターツは、になるので、待ちはになります。

は安全牌と言えますが、