麻雀の完全先付けとは?その難しさは初心者にとってハードル高

完全先付けとは?
副露をして、後から役牌などの役をつける事を禁止しているルール

麻雀のルールは、雀荘で行う場合と自宅で友人と行う場合では、異なる事がありますが、基本的にその場所のルールに従う事になります。

ルールの中でも先付けや後付けに関しては、初心者の方には理解が少々難しいと思われますので、できるだけわかりやすく説明をしていきます。

実感できちゃうほど麻雀が楽しくなる!
健康麻雀教室で実践してきた教え方を公開しています

1.完全先付けルールの基本

完全先付けルールは、公式ルールではありません。数あるプロ団体でも採用しているところはありません。本来は取り入れる必要性はないのですが、雀荘や人によっては、当然のように考えている事もあります。

1-1.完全先付けの意味

完全先付け(通称カンサキ)ルールの内容説明の前に、完全先付けルールができた理由を説明します。

完全先付けルールの大まかな目的は、副露(フーロ)をたくさんして、早く上がることを防ぐことが当初の理由だと考えられます。

麻雀をする人の中には、役づくりが大切だと考える人も多く、面前で上がる事を基本としている傾向があります。

面前やきれいな役作りにこだわると早い流れにはなりませんから、副露を繰り返して、役牌のみや喰いタンで上がられることを特に嫌います。

喰いタンや役牌のみで上がることの良し悪しは、個々の判断に任せますが、基本的に麻雀のルール上では特に問題のないことです。

ルール上にないのであれば、ルールをつくれば良いという事で、「完全先付け」や「後付けなし」というルールができたと言われています。

完全先付ルールそのものは、かなり曖昧な部分もあるので、初心者の方に理解をしてもらうのは難しいと思います。

まずは、完全先付けルールの「核」と思われるルールを2つだけ説明しますので、念の為に覚えておくことをお奨めします。

1-2.後付けの禁止

後付けの禁止というのは、「ポン」をはじめ「チー」や「カン」をしてから役をつくる事や、「ロン」や「ツモ」の後に役が確定したような状態の事をいいます。

1-2-1.副露の後に役が確定する後付

例)東2局 西家 Aの手牌

Aは南家が、を打牌したので、「チー」をしました。

Aの手牌 
 

そしてを打牌しました。

Aの手牌 
 

北家の人がを打牌したので、「ポン」をしました。
そして打牌しました。

Aの手牌
  

この時点で、Aは、をポンできたので、役牌が完成しましたが、あくまでも役牌が完成したのは、最初にをチーした後になります。

このようなケースを一般的に後付けと言いますが、厳密には中付けと言う人もいるようです。

しかしながら、初心者の人に中付けと後付けを区別させるのは、非常に困難だと考えられますので、現時点では、あまり深く考えない方が良いかもしれません。

完全先付けルールの場合は、初めに副露をした牌が、「役」の完成に関連しているか、鳴いていない手牌で既に役が完成(最初からが3枚ある)している事が必要条件になります。

■後付けに関してもっと詳しくは
麻雀は後付けルールが主流!実は完全先付けはローカルです

1-3.後付け禁止の難しさ

先ほど後付けの禁止というのは、「ロン」や「ツモ」の後に役が確定したような状態の事と説明しました。これを言い換えると「何かひとつ固定された役が確定している」状態でなければいけないというものです。

これについてその難しさを例を上げて説明します。

完全先付けが難しい例 その1

こちらのテンパイですが、リーチ無しで上がれるかどうかです。役がで確定していないために上がることができません。ロンの後に役が確定しているからです。

完全先付けが難しい例 その2

この場合
で3暗刻
で4暗刻
でタンヤオ3暗刻です。

どのケースでも確定している役がありません。この状態でロンするとチョンボになります。この場合リーチをかけてひとつ役を確定させます。

完全先付けにはハードなものから、ゆるいものまであります。確認が必要となります。多くの場合でリーチが必要になるケースがあります。この例をとっても少し問題ありのルールなのです。

1-4.片和了(片上がり)の禁止

片和了(片上がり)というのは、聴牌時に片方の牌でしか上がれない状態の事で、シャンポン待ちの時などに、初心者に見られる状況です。

例)片和了(片上がり)の状態

現時点で聴牌をしていますが、が出れば、役牌になりますが、だと役がありません。

このように片側の牌でしか上がれないような状態の事を「片和了」といい、完全先付けルールの麻雀では禁止されている事が多くなっています。

2.安全先付けの追加ルールとは

上記で説明した「完全先付け」のルール、
■後付け禁止
■片上がり禁止
ほぼ採用されていると思って間違いないルールになります。

これから紹介をするルールに関しては、採用している所もあれば、採用していない所もある曖昧な部分でもあります。

実際にルールを採用する場合もありますので、念の為に内容は把握しておき、対局前に採用の有無を確認することが、トラブル回避の最善策になるといえます。

2-1.喰いタンなし

「喰いタンなし」というのは、副露をしてタンヤオで上がる事を禁止しているルールになりますが、完全先付けルールに関係なく採用している所も多いようです。

2-2.ピンヅモなし

面前であっても、役が「ツモ」と「ピンフ」だけで上がる事を認めないというルールですが、必ずしも採用しているとは言えないルールになります。

2-3.その他の禁止ルール

完全先付けと言われるルールには、この他にも様々な独自ルールを取り入れているケースが多々あります。

嵌上開花や海底、河底のような役、偶然に近い役のみで上がる事を禁止するルールもありますし、様々なルールが場所によって使用されています

3.麻雀初心者が完全先付けルールに対応する方法

本来であれば、「完全先付け」の事をもっと説明しなくてはいけないのかもしれませんが、曖昧な部分が多いのも判断が難しい部分になります。

実際に麻雀初心者の人にとっては、上がる事の楽しみや相手の待ちを読む楽しさをこれから覚える状態なのですから、ルールに制限があると混乱すると考えられます。

麻雀初心者の人が「完全先付ルール」での対局の対応策として、最もいけないのは、そのまま受け入れる事だといえます。

「完全先付け」で麻雀をする人の多くは、少なくとも中級者以上で、多くは慣れたベテランや上級者になると考えられます。あまりにも広く行き渡ったローカルルールで、その内容はかなり難しい部分があります。

雀荘などであれば、メンバー(従業員)に相談をして、ルールを変えてもらえないのであれば、退席をするのが理想だと考えられます。

4.完全先付けの間違いとポイント

「完全先付け」で間違いやすいのは、役の完成や役に関連している副露の部分だといえます。

あえて、本文中には掲載しませんでしたが、以下のような場合でも上がる事は可能だと考えられます。

例1)
 

このケースでは、副露をした牌は筒子の一気通貫(イッキツウカン)に関連しています。聴牌時には、の辺張待ちしかないので、役が完成しているのでOKです。

例2)

例2ではどうでしょうか?と持っている時は、が待ちになってしまいます。

は一気通貫になりますが、では役がありませんから、上がる事ができないという考え方ができます。

そのためにこういった例ではリーチをかけるのが一般的となります。これが完全先付けルールの難しさと言えます。

5.まとめ

本来は完全先付けというルールは、初心者向けとは言えない上級者向けのルールなので、あまり意識をしなくても良いといえます。

しかしながら、場所によっては、完全先付けルールを一般的なルールとして採用している場所も実際にあります。古くからやっている場合で、高齢者の方が主催している場所に多く見られます。

初心者だからといって、何でも条件が通るとは限らないですし、「郷に入れば郷に従え」ではないですが、場所によっては当然とされているルールもあります。

まずは、ノーレートでできる雀荘などで、完全先付けルールに慣れるのも良いです。

自分自身だけでなく、みんなが楽しめるルールで対戦するのが、最もお互いの為にも良いのですから、自分にあったルールで場所を探してみると良いと思います。

以下のようなお悩みを抱えてはいませんか?


■退職後の余暇を充実させたい
■楽しみながら認知症予防をしたい
■麻雀を最初から覚えたい
■賭けなくてもワクワクしたい

 

もしかして健康麻雀を知らない?

  • 参加する方を飽きさせない考えつくした健康麻雀大会
  • 楽しい健康麻雀とは何か?を考えたやり方

を提供しており、第二の人生を歩み始めたあなたの課題を解決していきます。
まずはお気軽にお問い合わせください。