NPO法人 健康麻雀グループ~千葉県柏市  04-7144-5108  受付8:30-19:30

麻雀役のチンイツ(清一色)の基本解説と待ちがわかる基礎練習18問

チンイツ(清一色)とは?
チンイツとは、数牌のどれか1種類だけで、つくった役のこと。面前6ハン、食い下がり5ハン。

麻雀の役で単独で最も翻数が多いのは役満です。これは、多くの方が理解していることだと考えられます。

役満を除いた場合で、単独役で最も翻数が多い役はご存じでしょうか?役満を除くと、面前で六翻役のチンイツが最も多い翻数になります。

今回は、人気度も得点も高い「チンイツ」に的を絞って説明します。

チンイツの難しいところは多面張です。相手にテンパイを悟られないようにしなければなかなか上がることは難しいかもしれません。

多面張はまず考え方を知ること!あとは練習しかありません。今回のブログでも18問の例題で解説しています。

この記事を読む事で、チンイツや多面張にも強くなることができます。

実感できちゃうほど麻雀が楽しくなる!
健康麻雀教室で実践してきた教え方を公開しています

 

スポンサーリンク

1.チンイツ(清一色)の基本

ここでは、チンイツの基本的な部分や聴牌について説明をしています。特に多面張についてのポイントを紹介していますので、覚えておきましょう。

1-1.チンイツとは?

チンイツは、萬子・筒子・索子のどれか1種類だけでつくる役です。面前で6翻役ですが、副露をすると喰い下がりで5翻役になります。

チンイツというのは、通称で正式名称は、清一色(チンイーソー)といいます。面前で上がったチンイツは、「メンチン」や「タテチン」と呼ばれることもあります。

チンイツ

チンイツは、数牌のどれか1種類だけでそろえるのが条件です。理由が簡単なため、初心者でも覚えやすいので積極的にチンイツをねらう人もいます。

1-2.チンイツ聴牌の基礎練習18問

チンイツの聴牌時は、多面張になることが多くなります。多面張を避けるために副露をしてしまう人も見かけます初心者にとってはそれもひとつの考えです。

チンイツ待ち方に慣れるには、数あるパターンを知っていると有利になります。その中でもチンイツの多面張に慣れるために、7枚待ちを紹介します。

今回紹介をするパターンは、全部で18種類あります。便宜上、必要な分だけの牌で説明しています。
中にはややこしくなっているパターンもあります。練習だと思って少し考えて下さい。

実際に牌があれば手元で牌を並べて確かめてみましょう。

図1)

待ち牌 

両面待ちが予想される時はスジで考えましょう。全てではありませんが、があればは有力となることが多くなります。

スジとは±3の関係です
スジは麻雀にとって重要な知識です。下記サイトで詳しく解説しました。
簡単に言えば3をプラス、マイナスした関係です。なので1-4-7、2-5-8、3-6-9の関係となります。
中級者にオススメ!麻雀スジ関連用語10選が「完璧」にわかる資料
これなら簡単!麻雀のスジを覚えれば待ち牌と切り方がスグにわかるvol.11
初心者にオススメ!麻雀のスジを使った安全牌の見つけ方!リーチ者への対処方法がわかる!vol.12

図2)

待ち牌 

これは、頭が出来ていないケースの待ちです。連続で7枚ある時は、両サイドのスジが基本です。従って、のスジが待ち牌になります。

図3)

待ち牌