NPO法人 健康麻雀グループ~千葉県柏市  04-7144-5108  受付8:30-19:30

見たことない!超レア麻雀役!サンカンツに遭遇する前の予備知識

サンカンツとは?
サンカンツは、槓子を3面子そろえる事が条件の二翻役のこと。食い下がりは無し。

一般的に役満と呼ばれる役は知名度だけでなく、得点も高いですが、大三元、四暗刻、国士無双などは結構見られる役があります。

麻雀には、知名度と得点がさほど高くなく、あまり見られない役があります。その理由は難易度が高いためです。

今回紹介をするサンカンツはまさに、不遇の役と言える代表格です。

そんなサンカンツの基本から、実戦で役に立つ戦術も説明しています。

「そんなに難しいならやってみたい!」

この記事を読むと、サンカンツの隠れた魅力に気が付くかもしれません。

実感できちゃうほど麻雀が楽しくなる!
健康麻雀教室で実践してきた教え方を公開しています

1.サンカンツ(三槓子)の基本

冒頭でも紹介をしていますが、サンカンツと言う役は、あまり上がれません。難易度が高いのが最大の原因です。

麻雀の役の多くは、いくつかの例外を除くと難易度に応じて翻数も多くなります。サンカンツは見事に例外の仲間に入っています。

ここでは、サンカンツの基本と役の難易度などを説明しています。サンカンツの難易度の高さと翻数のバランスの悪さが理解できると思います。

1-1.サンカンツとは?

サンカンツは、漢字で書くと「三槓子」です。つまり、槓子を3面子つくる事が役の必須条件という事になります。

サンカンツ(三槓子)

図は、を暗槓してとを明槓しています。サンカンツは、面前でも副露をしても二翻役になります。

1-2.槓のさらし方

槓にもいろいろありますが、そのさらし方について解説します。

暗槓(アンカン)の場合

自分で4枚すべて持ち、槓をする場合です。「カン!」と発声し、まず4枚すべてを他家に開示し、左右を裏にします。そして自分の手牌から離し、卓の右側にさらします。

大明槓(ダイミンカン)の場合

上家の捨て牌で槓の場合 
下家の捨て牌で槓の場合 
対面の捨て牌で槓の場合  か 

大明槓とは自分で暗刻にしていて、他家の捨て牌で槓をする場合を言います。ポンの手順と同じです。「カン!」と発声し、3枚あることを他家に開示します。上図のように、誰の捨て牌かわかるように牌を横にします。

加槓(カカン)と小明槓(ショウミンカン)の場合

上家からのポンでさらに加槓の場合 

下家からのポンでさらに加槓の場合 

対面からのポンでさらに加槓の場合 

加槓と小明槓は同じ意味です。他家からすでにポンしてさらしてある明刻に対して、自分の手牌にある牌を加槓する場合です。すでに横になっている牌の上に、図のように牌を置きます。

手順は、「カン!」の発声の後、牌を上に重ねます。

これらのことがきちんと出来るようになれば、どこで麻雀をしても「麻雀を知ってるな!」と思ってもらえると思います。きちんと覚えましょう!

1-3.サンカンツの聴牌の形

サンカンツの聴牌は基本的に先にサンカンツを確定しているのが有利です。ここでは、初心者向けなので、わかりやすい基本的な待ち方を紹介します。

サンカンツの両面待ち

待ち の両面待ち

サンカンツの辺張待ち

待ち の辺張待ち

サンカンツの嵌張待ち

待ち の嵌張待ち

サンカンツの単騎待ち

待ち の単騎待ち

この他にも、槓をした時は、下図の嶺上牌を1枚取りますが、ここで上がる事もあります。この場合の役は嶺上開花(リンシャンカイホウ)という役になります。

1-4.サンカンツの注意点

サンカンツの注意点は、「槓」をすることがポイントになります。槓をするとドラが1枚増えますが、メリットでもありデメリットでもあります。

ドラが増えると言う事は、他家のやる気もますます上がるということになります。暗槓ならまだしも、明槓をしてしまえば、自分はリーチをかけることもできません。

他家のリーチにむしろ自分が追い込まれる場合も多いのです。

特にサンカンツをねらって明槓をした場合は、他家は1度なら様子を見ます。しかし、2回目や3回目は完全に警戒をしています。

場合によっては、他家が4回目の槓をしてしまう事も考えられます。複数の人が槓を4回行うと※四槓流れとなり流局になってしまいます。

四槓流れ(スーカンナガレ)
同じ局内で複数の人が槓を合計4回以上すると流局になるルールです。正式名称は、四開槓といいます。

また、サンカンツが確定した後は、手牌がかなり少なくなります。手牌が少ないということは、他家へ放銃する危険度が高くなると考えられます。

尚、四槓流れは、ローカルルールなので、採用していない事もあります。対局前に確認をしておくことが重要になります。

2.サンカンツは、こんな時に狙おう!

サンカンツは、メリットよりもデメリットが目立つ役です。従って無理にねらうよりも配牌時やツモの流れで判断をするのが理想的になります。

また、サンカンツをねらうのであれば、四槓子をねらう方が良いといえます。四槓子は難しいですが、同じねらうなら役満の方が良いという意味です。

基本的には、他の役を優先して考える事が、良策だといえます。サンカンツは、無理にねらう役ではないと頭に入れておくべきです。

ドラが増えるために、一発逆転の可能性も無くはありませんね!

3.サンカンツの予備知識

ここでは、サンカンツの由来や他の役との複合を説明しています。実際の対局で役に立つ戦術なので参考にして下さい。

3-1.サンカンツの由来や語源

麻雀の役の由来や語源には、2種類の考え方や伝わり方があります。ひとつは、役の形態をそのまま名称にしている役や用語になります。

もうひとつは、中国からの流れによるものです。その中には、史実の事もあれば、生活習慣や縁起などを語源としているものもあります。

サンカンツは、漢字表記で三槓子ですから、役の姿が名前になったといえます。役満の四槓子もほぼ同様の理由だと考えられます。

3-2.サンカンツと同時に作りやすい役

実際の対局でサンカンツと相性の良い役を紹介します。基本的にサンカンツが難易度の高い役なので、全体的に出現率は高くありません。私もほぼ経験がないと思います。

3-2-1.サンカンツ+ヤクハイ

サンカンツとヤクハイの複合役です。ヤクハイは、※三元牌をはじめ※場風牌か※自風牌の刻子をつくる必要があります。

■それぞれのサイトで詳しく解説してあります。
※三元牌(サンゲンパイ) 白・發・中のこと。
麻雀の三元牌は諸刃の剣!使い方は?生かすも殺すもあなた次第
※場風牌(バカゼハイ)  東場の東、南場の南のこと。荘風牌ともいう。
※自風牌(ジカゼハイ)  東家なら東、西家なら西のこと。門風牌ともいう。
麻雀の風牌とは?攻撃と守備に有効なその使い方をマスターしよう

サンカンツ+ヤクハイ

サンカンツ(二翻)+ヤクハイ(一牌)の三翻役になります。副露をしても喰い下がりはありません。

3-2-2.サンカンツ+タンヤオ

サンカンツとタンヤオの複合役です。タンヤオは、※数牌の2~8だけでつくる役のことを言います。

数牌 数牌とは、萬子・筒子・索子のことで、2~8は中張牌といいます。

サンカンツ+タンヤオ

サンカンツ(二翻)+タンヤオ(一翻)の三翻役になります。タンヤオは比較的作りやすい基本役なので、サンカンツが崩れても上がりやすいです。

3-2-3.サンカンツ+トイトイ

サンカンツとトイトイの複合役です。トイトイは、4面子とも刻子又は槓子になっていることが必須の役です。

サンカンツ+トイトイ

サンカンツ(二翻)+トイトイ(二翻)の四翻役になります。常識的に考えれば、この状態で四槓子をねらわないのは、もったいないといえます。

3-2-4.サンカンツ+トイトイ+サンアンコウ

サンカンツとトイトイ、サンアンコウの複合役です。サンアンコウは、暗刻が3つ必要な役になります。

サンカンツ+トイトイ+サンアンコウ

サンカンツ(二翻)+トイトイ(二翻)+三暗刻(二翻)の六翻役になります。

疑問に思った人もいるかもしれません。初心者の方だと知らない人もいると思いますが、暗槓は暗刻として扱えます

暗槓というのは、副露をしていないことになります。従って、暗槓であれば、聴牌時にリーチをかける事も可能です。

3-3.サンカンツと四槓子(スーカンツ)

サンカンツの難易度は、役満を除くとかなり上位になります。これだけの難易度を誇る役が二翻役というのは納得がいきません。

そうは言っても、ルールで決められている以上は素直に従うしかありません。それならば、四槓子をねらった方が、良策なのではないでしょうか?

普通はこのように考えてしまいます。実際にローカルルールには、サンカンツを役満にして、四槓子をダブル役満にするルールもあるようです。

3-4.意外と知らない槓の基本!

サンカンツと言えば、「槓」が基本の役になります。ところが、初心者の中には「槓」のことをあまり知らない人もいるようです。

槓子が同じ牌が4枚で成立することは、殆どの人が知っています。さらに、槓には、暗槓と明槓があることも知られていますが、実はまだ他にもあるのです。

1-2章で触れましたが、正式には、暗槓と明槓の2種類が大分類で、明槓が更に2種類になります。大明槓(ダイミンカン)と小明槓(ショウミンカン)という2つの明槓が存在します。明槓は加槓(カカン)とも言います。

暗槓は、手牌の中で槓子が4枚そろった状態の事をいいます。通常明槓というのは、手牌に刻子がある状態で他家の打牌に対して「カン」をします

これを、正式には大明槓と言います。小明槓と加槓は、既に「ポン」でさらしている所に自分のツモ牌を加えた「カン」になります。

サンカンツの役の条件には特に関係がありません。ただ、初心者の方はあまり「槓」に遭遇しないので、念の為に説明しておきました。

4.サンカンツの間違いとポイント

サンカンツに間違いというのは、基本的にありません。あえて言うのであれば、サンカンツをねらう事が、間違いだといえます。

実際の対局中にサンカンツを見る事は殆どないといえます。むしろ、四暗刻や国士無双、大三元の役満の方がよくみかけます。

これは、単に難易度の問題だけではありません。簡単に言えばコストパフォーマンスの差だと考えられます。

苦労をして、つくるだけの報酬を求めるのは麻雀役でも同様です。サンカンツで二翻と四暗刻で役満なら、迷わず四暗刻をねらうべきです。

ほぼ出会わない役だといって良いと思います。

5.まとめ

サンカンツという役を特集しました。実際につくるべき役なのかと言われると非常に迷います。

ただ、ある意味サンカンツを完成させられるのであれば、かなり貴重なことです。おそらく、その場面になれば、四暗刻か四槓子をねらうことになると考えられます。

難易度はかなり高い役とは言っても、正式な役です。認められている役である以上は、しっかりと覚えておく必要がありますね。




そもそも健康麻雀って何?
健康麻雀について

リタイヤ後の趣味として、男女かかわらず全国的に普及しているのが健康麻雀です。
「賭けない・吸わない・飲まない」のコンセプト!
もしかするとご存じない方も多いのでは。詳しくは黄色のボタンで解説しました。






千葉県柏市で営業!お近くの方はぜひ!
NPO法人 健康麻雀グループへ
ようこそ!

「麻雀を賭けないでやって面白いの?」
「怖いイメージがあるけど大丈夫?」
もしあなたが健康麻雀に興味があるならこのお店に一度は行ってみるべき!

ひとことでは言えないとても楽しいシステムで健康麻雀を開催しています。黄色のボタンからどうぞ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です