めったに出ない麻雀の三倍満とはこんな手牌!役満級の破壊力!

三倍満とは?
和了の時の得点の事で、翻数が11翻か12翻の時の上がり。

麻雀で最も高い得点を獲得できるのは、役満になりますが、その次に高い得点を獲得できるのが、三倍満になります。

実際に三倍満で上がる確率は、役満で有名な「四暗刻」や「国士無双」よりも若干低い確率になっていることからも難しいといえます。

実感できちゃうほど麻雀が楽しくなる!
健康麻雀教室で実践してきた教え方を公開していきます

1.三倍満(サンバイマン)とはどのような意味か?

役には、「ピンフ1翻」「タンヤオ1翻」などのように「翻」が決まっていますが、得点を計算する時は、この※と※を使って計算をします。

翻(ハン)上がった役から点数を数える時の単位
符(フ) 点数計算に利用する、待ちや刻子によって加える得点の単位

三倍満というのは、翻が11翻か12翻の時に使われる得点の事で、親は36,000点で子は、24,000点となっています。

三倍満という言葉の意味は、麻雀の得点基準に満貫があり、満貫以降は、「符」は関係なく「翻」のみでの得点になります。

ちなみに、役満は「13翻」で、「四暗刻」「大三元」「国士無双」などのように1つの役で役満になる事がありますが、三倍満は単独の役でなる事はありません。

満貫以上の点数と必要な翻数

満貫(マンガン) 4・5翻 親12000点 子8000点
跳満(ハネマン) 6・7翻 親18000点 子12000点
倍満(バイマン) 8・9・10翻 親24000点 子16000点
三倍満(サンバイマン) 11・12翻 親36000点 子24000点
役満(ヤクマン) 13翻 親48000点 子32000点

役満は、四倍満貫という意味になり、細かい「翻」の積み重ねで「13翻」になれば、数え役満という事で、役満と同じ得点になります。

2.三倍満にするにはどう上がれば良いのか?

実際に三倍満を出すには、どの程度の「役」で上がる事が必要なのでしょうか?

三倍満の得点はとりあえず無視をして考えますが、必要な「翻数」が11翻か12翻なので、単純な「役」だけで届くのはかなり難しいといえます。

役満以外の役で最も翻数が多いのは、「清一色(チンイツ)」で6翻の役になります。

チンイツの条件は、「マンズ」「ソウズ」「ピンズ」のどれか1種類だけで構成されている事が条件になります。

面前のチンイツで上がっても、半分程度の翻数にしかなっていませんが、チンイツには他の役を含める事も可能性として考えられます。

いくつかの組み合わせがありますが、例えば、リーチ1翻・イーペーコー1翻・チンイツ6翻・ジュンチャン3翻で11翻になります。

それはこんな手です!

ジュンチャンの所が、ピンフ1翻・ドラ1翻・ドラ1翻などになってもできますが確率的にかなり低いのは理解できるといえます

3.確率でわかる三倍満で上がる難しさ

ここまで三倍満の事を説明してきましたが、実際に三倍満で上がるのは、何となく大変な事だという事はわかってきたと思います。

ここでは、三倍満で上がれる確率と様々な役の出現率を比較してみますが、三倍満はあくまでも役ではないので間違えないようにして下さい。

ちなみに、三倍満の出現率は、0.04%とくらいだと言われていて、「四暗刻」や「国士無双」とほぼ同等か低めとなっています。

最も出やすい役ベスト5
1位 立直(リーチ) 約45.1%
2位 役牌(ヤクハイ)約40.0%
3位 タンヤオ 約21.4%
4位 平和(ピンフ) 約19.9%
5位 面前自相模(メンゼンツモ) 約17.6%

三倍満と役満の出現率
・四暗刻(スウアンコウ)約0.049%
・大三元(ダイサンゲン)約0.039%
・国士無双(コクシムソウ)約0.043%
・緑一色(リューイーソウ)約0.0011%
・字一色(ツウイーソウ)約0.008%
・清老頭(チンロウトウ)約0.00181%
・四槓子(スウカンツ)約0.000234%
・小四喜(ショウスウシー)約0.012%
・大四喜(ダイスウシー)約0.00181%
・九連宝燈(チューレンポトウ)約0.00045%

※天和(テンホウ)・地和(チーホウ)・ローカルルールの役満は省略しました。

この数字をみていると、三倍満で上がるは、「四暗刻」「大三元」「国士無双」とさほど変わらない事から、その難しさが伝わるといえます。

尚、各出現率に関しては、調べ方によって若干の誤差が生じますので、おおよそという事でご了承下さい。

■役について不安な方は下記サイトで詳しく解説しています
健康麻雀公式ブログの役一覧!初心者に優しい解説付vol.13

4.三倍満の間違いとポイント

三倍満というのは、点数に関する単位のことなので、「ピンフ」や「タンヤオ」のような役の名前ではないので間違えないようにして下さい。

実際の対局の中で三倍満で上がる事は、かなり難しいので、大きめな役の時にドラが何個か加われば、可能性があるといえます。

5.まとめ

麻雀は、あくまでも守備重視という言い方をしていますが、それでも三倍満や役満で上がってみたいと思うのは誰でも同じです。

1回上がれば、一気に局面を変えることができるほどの破壊力だけに、他家が上がる事もなかなか見る事はありません。

自分が上がればうれしい事に違いはありませんが、他家の人が上がっても当人は同様に嬉しいはずです。

もし三倍満や役満を上がった人がいれば、素直に功績を称えてあげるゆとりが持てるような麻雀を楽しめると良いといえます