NPO法人 健康麻雀グループ~千葉県柏市  04-7144-5108  受付8:30-19:30

あなたも勘違いしてる!麻雀の一気通貫の基本とホントによく間違うポイントはココ

一気通貫とは?
数牌のどれか1種類で、123・456・789の3順子を揃える役のこと。2役で食い下がり1役。

麻雀の基本役と言えば、ピンフとタンヤオが代表的な役です。少し難易度が上がりますが、覚えやすい役に一気通貫があります。

一気通貫は三色同順とならんで、9枚役として知られている役です。そろった時には、同じ種類の牌が並ぶので壮観な役になります。

ここでは、一気通貫の基本的な知識や実戦で役立つ戦術の説明をしています。

健康麻雀の教室でも、もちろんこの一気通貫を教えていますが、間違って覚えている方もかなりいます。難しいことではありません!記事を読む事で、1ランクの上の役を使える様になります。

実感できちゃうほど麻雀が楽しくなる!
健康麻雀教室で実践してきた教え方を公開しています

 

スポンサーリンク

1.一気通貫(イッキツウカン)の基本

一気通貫は、麻雀役の中でも、中級者向けの役になります。役の完成形は、初心者の方にも覚えやすいので、覚えておくのも悪くありません。

ここでは、一気通貫の基本的な部分を説明しています。まずは、一気通貫がどのような役なのかを、覚えていきましょう。

1-1.一気通貫とは?

一気通貫は、同じ種類の数牌で、123・456・789をそろえる事で成立する役です。見た目や名称から人気の役で、一般的には、「イッツー」と呼ばれています

一気通貫(イッキツウカン)

萬子の一気通貫

筒子の一気通貫

索子の一気通貫

萬子・筒子・索子のいずれかの1~9を揃える役です。面前だと2翻役で、副露をすると1翻役になります。

一気通貫の役の特徴から、タンヤオと複合することは、100%ありません。一方、※ピンフとの相性が良いので、複合させたい役のひとつだと言えます。

必ず知っておくべき!麻雀役のピンフ(平和)の4つの絶対条件とは

2018.03.02

1-2.一気通貫の聴牌の形

一気通貫の聴牌の形は、理想は多面張か両面待ちです。しかしながら、実際には辺張待ちや嵌張待ちになる事も多いのが特徴です。

理想的な一気通貫が確定しているケース

待ち 

既に一気通貫が確定している状態で、待ちも両面待ちになっています。また、待ちが筒子ではない事も理想だといえます。

一気通貫の辺張待ちのケース

待ち 

上がれば、一気通貫は確定ですが、待ちが辺張待ちです。

一気通貫の嵌張待ちのケース

待ち 

上がれば、一気通貫は確定ですが、待ちが嵌張待ちです。

多面張ではあるものの一気通貫が確定していないケース

待ち 

待ちは3面待ちになっていますが、以外はピンフのみです。

一歩間違えると役なしのケース

待ち 

以外だと役がありませんので、上がる事ができません。状況にもよりますが、※リーチをかけるか、ダマテンで様子を見る事になります。

麻雀のリーチ(立直)の初歩的解説となんでもリーチじゃダメな訳とは

2018.03.05

これならできる!麻雀でトップを独占するリーチ判断の5つのポイントとはvol.15

2017.09.14

1-3.初心者が勘違いするのはココ

健康麻雀教室の初心者の方を見ていて、ほとんどの方が勘違いしている一気通貫のルールがあります。

下図を見て下さい!

生徒「先生!これはイッツウになりますか?」
先生「これはイッツウにはなりません」
生徒「だってからまで全部揃っていますよ!」

こんなやりとりです。何年もやっている方でも勘違いしてしまっています。1~9まですべて揃っているのが一気通貫ではありません。もう一度冒頭の一気通貫の役の説明を見て下さい。

一気通貫とは?
数牌のどれか1種類で、123・456・789の3つの順子を揃える役のこと。2役で食い下がり1役。

定義は、しっかり言葉を理解する必要があります。

「123・456・789の3つの順子を揃える役」この部分を勘違いしていますね。そうです!生徒さんの手牌は、