麻雀のテンパイとは?待ちの種類からリーチ判断までを簡単解説!

テンパイとは?
聴牌とは、あと1枚そろえば上がりの状態のこと

麻雀は他家に放銃しないことが最も重要だと言われていますが、当然、自分が上がる事も必要なゲームです。

麻雀の上手な人は、他家に放銃せずに、少ないチャンスを見つけて上がる事が多いといえますが、それは運が良いだけなのでしょうか?

この記事には、聴牌の種類や形だけでなく、初心者にもわかる聴牌の作り方を説明していますので、実戦で利用をすれば、自分の実力が上がった事が実感できます。

実感できちゃうほど麻雀が楽しくなる!
健康麻雀教室で実践してきた教え方を公開しています

1.聴牌(テンパイ)とその種類

聴牌というのは、麻雀で上がる1歩前の状態で、残り1枚そろえば、何かしらの役で上がる事ができる状態の事をいいます。

1-1.聴牌とは

聴牌というのは、上がる1歩前の状態のことなので、必要牌がくれば上がれる状態という事になります。

従って、聴牌の次は「上がり」になりますし、1歩前は、「一向聴」という事になりますので、これらの用語は頻繁に会話でも登場するので理解をしておく必要があります。

麻雀の上がりまでの流れ

二向聴⇒一向聴⇒聴牌⇒上がり

この状態の中で、聴牌より前の状態で流局となった場合は、「不聴」(ノーテン)となりノーテン罰符を払う事になります。

一向聴に関してもっと詳しくは
麻雀の「イーシャンテン」に潜む振り込みの罠には充分注意しよう

向聴に関してもっと詳しくは
麻雀のシャンテンとは?テンパイに1歩近づく考え方を公開します

1-2.聴牌の種類

聴牌には大きく分けて3通りの呼び方があり、通常の立直をかけるタイプを聴牌と呼ぶのであれば、残りは「ダマ聴」と「形式聴牌」になります。

1-2-1.ダマ聴(ダマテン)

ダマ聴とは、面前で聴牌をしている状態でありながら、立直をせずにいる状態の聴牌のことになります。

ダマ聴は、立直と比べると様々なデメリットがありますが、メリットも存在しているので、状況次第で利用することになります。

ダマ聴牌は別名、「闇聴」(ヤミテン)とも言います。

ダマ聴牌のメリットとデメリット

メリット
手を変える事が可能なので他家への放銃を避ける事ができる。
・立直をかけていないので、他家が無警戒になっていることが多い

デメリット
・立直と一発などの役の増加が期待できない
・上がった時に裏ドラが利用できない
・立直をかけて他家を勝負から降ろさせることが難しい
捨て牌を利用した駆け引きが使いにくい

1-2-2.形式聴牌(ケイシキテンパイ)

形式聴牌は、別名「役なし聴牌」とも呼ばれる形で、そのままでは上がる事ができない状態の事をいいます。

基本的に面前であれば、「ツモ」という役で上がる事ができますが、副露をしてしまうと「ツモ」「立直」ができないので上がる事ができません。

形式聴牌が認められているルールであれば、終盤になっても上がれそうにない場合は、無理にでも鳴いて、形式聴牌にするのも戦術のひとつです。

流局時のテンパイ料はそこそこ大きなウェイトです。できればテンパイさせたいものです。

形式聴牌は、ルールによっては認めていない事も多いので、日頃から形式聴牌にはならないように工夫をする役つくりも覚える必要があります。

麻雀の流局に関してもっと詳しくは
麻雀の流局を知る必要あり!断然お得な点棒ゲットのチャンスです

2.聴牌の時はダマか立直か?

ここでは、聴牌をした時に最も迷ってしまう「立直」と「ダマ」のどちらが良いかを考えていきたいと思いますので、自分にあった打ち方を探してみましょう。

初心者にありがちなのが「なんでもリーチ」です。それではいけません!どちらにするか?その都度考えることが大切です。

2-1.聴牌はダマと立直のどちらが良いか?

はじめに答えを出すのは、微妙だとは思いますが、聴牌時の「立直」と「ダマ聴」に関しては、どちらも正攻法と言えるので一概にどちらが良いとは言えません。

むしろ、状況判断をできるようになることの方が重要で、「立直」をかけるべきタイミングと、「ダマ聴」で様子をみるポイントをつかむ事が重要です。

2-2.守備に徹するならダマ聴

他家が先に立直をかけている場合や得点の状況によって、守備に徹することを決めたのであれば、確実に「ダマ聴」が理想だといえます。

「ダマ聴」は得点面では自分の上がった時の得点向上の期待が少なくなりますが、守備に徹するのであれば、上がる事は考える必要はありません。

守りに徹するのであれば、他家に放銃をすることを防ぐのが第一優先の戦術になるのですから、手を自由に変えられる「ダマ聴」が妥当だと考えられます。

当然、危険牌をツモしてしまった時には、必要であれば聴牌を崩す事もするのが基本的な考え方になります。

ダマ聴ならいつでも下りられます

2-3.高い手はダマ

一般的にはリーチをかければ上がる確率は下がります。その分警戒されて振り込んではもらえないからです。高得点で聴牌している時はダマ聴でこっそり上がるのもアリです。

しかし実際のこの判断は難しいところです。それはダマ聴の場合には、相手が好きなように打ち回されてしまうからです。相手の手牌が進むということです。

リーチのメリットに相手への圧力というのがあります。ダマ聴の場合はそれがないわけです。

「リーチかダマか?」この判断がつくようになれば上級者の仲間入りになると思います。

2-4.一撃必殺、裏ドラ期待の立直

自身の得点が少なく終盤にせまっているのであれば、一発逆転を狙うという意味でも「立直」をかけるのが、良策だといえます。

自分が立直をするということは、他家への放銃のリスクが上がる事は、否めませんが、「虎穴に入らずんば虎児を得ず」という言葉もあるとおり勝負にリスクはつきものです。

特に自分の手牌に「暗刻」があるようでしたら、裏ドラで暗刻があれば、「3翻」も上がり、得点が一気に高くなります。

2-5.他家の打ち筋と状況次第で対応する

「立直」をかけるか、「ダマ聴」でいくかは、他家の打ち筋も重要な判断材料になります

特に誰かが立直をすると、ほぼ確実に「オリ」を選択をする人がいるのであれば、自身が聴牌の時には立直をかければ、「オリ」の人は戦線離脱をしてくれます。

一方で、絶対に降りずに攻撃重視の人がいる場合には、状況次第で自分の戦い方も変更をしていく必要があります。

打ち筋に関してもっと詳しくは
麻雀の打ち筋には3つの型がある!特徴を知って自分の弱点を知ろう!

3.聴牌は受け入れ牌を多くすることが重要!

聴牌をするというよりも、二向聴や一向聴の時も同じように、できるだけ受け入れ牌を多くしていくことが必要です。

わかりやすく説明すると、聴牌しやすい形にするということです。それには場を見ながら、両面を大事にして手作りしていくことです。

言葉で説明をするのは、難しいのですが、麻雀には「運」の要素もかなりありますが、基本的に確率の高い待ちをすることが重要になります。

4.不聴罰符でコツコツ得点

聴牌で流局をした場合は、不聴(ノーテン)の人から得点をもらう事ができます。

流局時には、3,000点を基準にして得点が動く仕組みになっていますが、聴牌の人の人数によって、得点が変わります。

この点棒のやりとりは上がることと同じくらい順位に影響します。

聴牌時流局による得点の流れ

聴牌1人 残りの3人から1,000点で合計3,000点を聴牌者が貰う。
聴牌2人 残りの2人が、1人1,500点を聴牌者にそれぞれ支払う。
聴牌3人 残りの1人が、全員に1000点ずつ支払う。

5.聴牌時の待ちの種類と名称

聴牌をした時には、以下に受け入れ牌の状態が良いかが、ポイントになりますが、待ちの種類と名称を紹介します。

待ちの種類や名称に関しては、他の項目でも出てくる事ことはありますが、麻雀の上達には欠かせない知識なので、覚えておく必要があります。

5-1.両面待ち(リャンメンマチ)

両面待ちは、待ち方としては最も良い形と言われる一方、読みやすい待ちという見方もできる待ち方になります。

両面待ちの具体例

の両面待ち

5-2.辺張待ち(ペンチャンマチ)

辺張待ちは、「一二」「八九」のどちらかで待つ形になりますが、捨て牌の仕方によっては、比較的上がれる可能性もある待ち方です。

辺張待ちの具体例


のペンチャン待ち

5-3.嵌張待ち(カンチャンマチ)

嵌張待ちは、牌と牌の間の数字に「嵌る(はまる)」という意味になります。辺張待ち同様に捨て牌の仕方によっては、比較的上がれる可能性もある待ち方です。

嵌張待ちの具体例


の嵌張待ち

5-4.単騎待ち(タンキマチ)

単騎待ちはある意味究極の待ち方とも言われる戦術で、放銃してしまった人にも大きなダメージがありますし、字牌で待つと比較的上がりやすいと言われています。

単騎待ちの具体例


の単騎待ち

5-5.シャンポン待ち

シャンポン待ちは、対子と対子の形になっているので、上がった時には、「雀頭」と「刻子」のスタイルになる事が決まっています。

シャンポン待ちの具体例


のシャンポン待ち

5-6.ノベタン待ち

ノベタンは、両サイドの頭待ちという形で、単騎待ちが2種類という特殊な待ち方になります。

ノベタンの具体例


のノベタン待ち

5-7.聴牌時には変則待ちに注意

聴牌をした時に一見両面待ちだと思ったら、他にも待ちがあるようなケースがよくあります

上がるために自分の待ち牌がわかることはとても重要です。

特に「チンイツ」のように同じ種類の数牌が大量に集まってくると様々な組み合わせを想定しながら進めないとすぐにフリテンになってしまいます。

本来は認められませんが、初心者のうちは、多少であれば事前に断ってから考えるのも悪くはないと思います。

もちろん、回数が頻繁であることや将棋のような長考はマナー的に問題とされるので、他家の事を考慮しながら考えるようにしましょう。

チンイツの待ちが早くわかるコツを解説
麻雀のチンイツの待ちが分からない方への4つの秘策vol.22

6.テンパイの間違いとポイント

聴牌の間違いとして考えられるのが、「多面待ち」の勘違いと捨て牌の仕方でおきるフリテンだといえます。

多面待ちに関しては、本文内である程度説明していますが、「フリテン」も比較的よくみられるミスになります。

例えば、と手牌にある時に、序盤でタンヤオを狙うためにを打牌したら次のツモで、をツモしてしまった。

この状態でを捨ててしまうと、と手牌に残るので、「フリテン」になってしまいますので、を切ってで待つしかない状況だと言えます。

と手牌にある時には、早い段階で見切りをつけるのではなく、の受け入れで考えるのもひとつの考え方になります。

7.まとめ

麻雀の上手な人は、聴牌にするのも効率良く牌をコントロールしていきますが、初心者には「運」という形にとらえられる事もあります。

ところが、常に広い視野で受け入れ牌を多い状態に保ちながらすすめていけば、比較的早い段階で、「一向聴」くらいまではすすむ事もあります。

麻雀には、「運」という要素も必要だとは思いますが、良い形の聴牌と捨て牌を工夫することで、「ロン」で上がれる確率が向上していくのが麻雀なのです