NPO法人 健康麻雀グループ~千葉県柏市  04-7144-5108  受付8:30-19:30

麻雀のシャンテンとは?テンパイに1歩近づく考え方を公開します

シャンテンとは(向聴)?
シャンテンとは、麻雀の聴牌までに必要な手数のこと

麻雀の対局中や誰かが上がった時などに、※聴牌(テンパイ)という言葉や※一向聴(イーシャンテン)という言葉をよく聞くと思います。

聴牌の意味は何となく理解している人も、向聴という言葉は意味がよくわからないという人もいるのではないでしょうか?

自分の向聴数を把握する。つまり自分の手牌の進行具合がわかっていることは大切です。テンパイまで程遠いのにリーチ者に振り込むようなことがあってもいけません

今回はその向聴(シャンテン)について詳しく解説していきます。

聴牌(テンパイ)についてもっと詳しくは
麻雀はテンパイが目標!押し引きのヒントを知り上達⤴vol.14
一向聴(イーシャンテン)についてもっと詳しく
麻雀の「イーシャンテン」に潜む振り込みの罠には充分注意しよう

実感できちゃうほど麻雀が楽しくなる!
健康麻雀教室で実践してきた教え方を公開しています

 

1.向聴(シャンテン)とは?

向聴(シャンテン)という言葉は、麻雀用語としては頻繁に登場する用語になりますが、あまり単独では使用しません。

向聴(シャンテン)の意味や向聴数についての説明を簡単にしていきます。

1-1.向聴の意味

麻雀で聴牌というのは、上がりまで残り1牌必要な状態ですが、向聴は、聴牌までに必要な手数の事をいいます。

つまり、一向牌(イーシャンテン)は上がりまでは最低2牌必要ですが、聴牌までは1牌必要な状態という事になります。

図A-1)聴牌の状態 の待ち
 

図A-2)一向聴の状態
 
の7種類
が来れば聴牌になる一向聴

図A-1は、待ちの聴牌の形ですので、さほど難しくはありませんが、図A-2の状態はその一歩手前の一向聴の状態になります。

何が来れば聴牌か?と考えた時に、少し難しくなります。それでは見てみましょう。

をツモ、を打牌、待ちの聴牌

をツモ、を打牌、待ちの聴牌

をツモ、を打牌、待ちの聴牌 

をツモ、を打牌、待ちの聴牌 

をツモ、を打牌、待ちの聴牌

をツモ、を打牌、単騎待ちの聴牌

をツモ、を打牌、シャボ待ちの聴牌

当たり前の事ですが、聴牌よりも一向聴の方が、待つ牌は多くなりますし、二向牌になれば更に多くなることが基本です。

1-2.向聴数

向聴数というのは、文字通り数字が増えれば聴牌までが遠くなり、小さな数字になればなるほど聴牌に近づいていきます。

聴牌をはじめ、一向聴(イーシャンテン)や二向聴(リャンシャンテン)までは、実際の対局の中でもでてくる麻雀用語です。

実際には、その先の三向聴以降もありますので、一応掲載をしておきますので、余裕があれば、覚えておくと良いと思います。

聴牌
一向聴 イーシャンテン 聴牌まで、あと1枚の状態
二向聴 リャンシャンテン 聴牌まで、あと2枚の状態
三向聴 サンシャンテン 聴牌まで、あと3枚の状態
四向聴 スーシャンテン 聴牌まで、あと4枚の状態
五向聴 ウーシャンテン 聴牌まで、あと5枚の状態
六向聴 ローシャンテン 聴牌まで、あと6枚の状態

麻雀で最も聴牌までにかかる向聴数は、限りなくあるようですが、基本的に六向聴が最大になります。

どのような配牌になっていても、七対子が上がりと考えれば、六向聴になっている事がわかります。

2.向聴の考え方

麻雀で強くなるには、向聴を理解することはとても重要になりますが、強い人は対局中にも常に自身が何向聴か意識しながら打つ人もいます。

また、何向聴かは理解していなくても、聴牌までの道筋は自分なりに作っている人が多いといえます。

2-1.向聴の基本は聴牌までの道

向聴の数字は、基本的には1つ減るのが基本ですが、打ち方によっては、1度遠回りをする事もあります。

例)下図の一向聴の手牌でツモだとします