脱初心者!麻雀5つの待ちを覚える~健康麻雀先生伝授vol.6 

matinokatati1

麻雀は4人でやるゲームです。ですから4人にひとりしか上がることができません。頭では理解していても「やっている最中は、自分が上がりたい気持ちでいっぱいですよね!」

でも上がるためにはまずテンパイさせなければいけません。テンパイと同時に自分の上がり牌が何なのか?わからなくてはいけません。「上がりの形、待ちの形」には大きく分けて5種類あります。

今回のブログでは、この「待ちの形」について解説します。基本的なことですから、超初心者から抜け出すためには必ず覚えなくてはいけないステップですからしっかり読んでマスターして下さい。

vol1-vol25

実感できちゃうほど麻雀が楽しくなる!
健康麻雀教室で実践してきた教え方を公開していきます
千葉県柏市 NPO法人 健康麻雀グループ 代表より

1.両面待ちはテンパイの基本

5つの待ちの形の中でも両面待ちは、理想の形でテンパイ時は両面待ちになるように手を進めて行きます。両面待ちとはどのような待ちなのか説明します。

マンズ34マン
隣り合った数字の両側〇と△の部分を待つ形を「両面(リョウメン)待ち」と言います。この場合の〇はマンズ2、△は5マンが入ります。

それぞれ4枚ずつあり、合計で4×2=8枚の上がり牌があります。この2種類8枚は非常に多い数でメンツに一番成りやすい形になります。両面は理想的な形でテンパイの基本と覚えて下さい。

初心者の方にありがちなのが、待ち牌はマンズ2だけだと思って安心してしまう場合です。2種類あることを忘れないで下さい。上がりの種類がわかっていないと自分が損することになりますよね。

例をあげて説明します。

両面待ち③

③は3面待ちといって待ち牌が3枚になるケースです。他の例も含め1-1で解説します。

1-1.典型的な3面待ちを覚えよう

3面待ちとは両面がふたつ重なり結果的に3つの待ちとなる場合を言います。これは非常によくあるケースですから、見た目で覚えて完全にマスターしましょう!

147の待ちになるケース

語呂で「イースーチー待ち」と覚える。下図を見て下さい。ソウズの部分はABに分けて考えます。

3面待ち147

3面待ち147の考え方

258の待ちになるケース

語呂で「リャンウーパー待ち」と覚える下図では同様に考えると待ち牌は3つになります。

 

369の待ちになるケース

語呂で「サブローキュー待ち」と覚える下図でも同様に考えると待ち牌は3つになります。

3面待ち369

2.カンチャン待ちについて

カンチャン待ちは、「数字の間を待つ」と覚えましょう。例をあげて説明します。

下図の場合ですが、未完成メンツはsz7-32sz9-32の部分です。この場合sz8-32がくればメンツが完成しますから、これをカンチャン待ちといいます。

待ちの数は1種類4枚で,面待ちの8枚に比べると半分になり、単純に考えれば上がる確率も半分に減ることになります。

間チャン待ち

3.ペンチャン待ちについて

ぺンチャン待ちは、2つのパターンしかありませんから覚えるのは簡単です。

sz1-32sz2-32と持っていてソウズ3を待つケース
sz8-32sz9-32と持っていてsz7-32を待つケースの2パターンです。

もちろん他のマンズ、ピンズでも同様にあります。待ちの数は1種類4枚でカンチャン待ちと同じですね。
下図がそれぞれの例です

ペンチャン待ち

4.シャンポン待ちについて

同じ牌2枚が2組あり、どちらかがくれば上がりとなる待ちをシャンポン待ちといいます。

先に例を上げて説明します。

シャンポン待ち

この例では5マン5マンsz9-32sz9-32のシャンポン待ちということです。

例えば5マンで上がれば、5マン5マン5マンがメンツになり、sz9-32sz9-32が雀頭になります。

逆にsz9-32で上がればsz9-32sz9-32sz9-32がメンツになり、5マン5マンが雀頭になります。

5マンsz9-32はそれぞれ残り2枚ですから、待ちの数は2種類4枚です。

シャンポン待ちはカンチャン待ち、ペンチャン待ち同様に4枚ですが、2種類という点で大きく違います

5.アタマ待ち・タンキ待ちについて

アタマ待ち、タンキ待ちといい、雀頭だけが出来ていないテンパイの場合です。

例を上げて説明します。

タンキ待ち

①は待ちの数はsz9-32が残り3枚ですから、1種類3枚です
②の待ちの数はsz4-32sz7-32ともに各3枚ずつですから、合計で2種類6枚となります。

②の場合は「ノベタン待ち」ともいいます。sz4-32のみだと思っている方もいるので、注意が必要です。

6.まとめ

今回のブログでは、麻雀のテンパイ時の5つの待ちの種類について解説しました。基本的なことですが、覚えたての方にとって難しい部分です。

きちんと上がるためには自分の待ちが何待ちか?を知る必要があります。難解な3面待ちも含めて今回でしっかり覚えるようにして下さい。

麻雀がわかれば面白くなり、楽しくなればやりたくなるはずです。やることでますます慣れて来ますから1歩ずつ進んでいきましょう!

それではまとめます。

“5つの待ちの形”

  • 両面待ちsz6-32sz7-325ソウズsz8-32の待ち
  • カンチャン待ちピンズ7ピンズ9ピンズ8の待ち
  • ペンチャン待ちsz1-32sz2-32wz8-32マンズ9ソウズ3wz7-32の待ち
  • シャンポン待ちピンズ6ピンズ6東東ピンズ6東の待ち
  • タンキ待ちsz2-32ソウズ3sz4-325ソウズsz2-325ソウズの待ち

“典型的な3面待ちを覚えよう”

  • sz2-32ソウズ3sz4-325ソウズsz6-32イースーチー待ち
  • ソウズ3sz4-325ソウズsz6-32sz7-32リャンウーパー待ち
  • sz4-325ソウズsz6-32sz7-32sz8-32サブローキュー待ち