麻雀のオープンリーチとは?よく使われるローカルルールのひとつです

オープンリーチとは?
リーチをした時に手牌を他家に公開するリーチのこと。ローカルルール。

オープンリーチは公式ルールではないので、公式の大会や競技会では、使われないルールのひとつです。

知名度は高いオープンリーチですが、実際に使用している場面を見る事が少ないので、実際のやり方や得点などは知らないという人も多いようです。

あまり見かける事は少ないですが、オープンリーチが適用されている時もありますので、覚えておくと良いでしょう。

実感できちゃうほど麻雀が楽しくなる!
健康麻雀教室で実践してきた教え方を公開していきます

1.オープンリーチとは?

オープンリーチは、通常のリーチとは異なり、リーチをかけた時に自分の手牌を公開してしまうというリーチです。

原則的に持ち牌が見えていますから、上がれる当る牌はわかっている状態です。先にリーチをかけている人以外からのフリコミはないといえます。

1-1.オープンリーチのやり方

オープンリーチのやり方には、特別な方法はありません。基本的に通常のリーチと同じ流れで、自分の手牌を公開するのが決まりになっています。

この時に全て公開をするルールと当り牌に関わる部分のみを公開するルールがありますが、ルール上に大きな違いはありません。

1-2.オープンリーチの点数(翻数)

オープンリーチは基本的に1翻役という計算になりますから、通常のリーチとあわせて2翻は確定という事になります。

自分がオープンリーチをする前にリーチをしている人がいなければ、原則的にツモで上がる事になります

リーチ(1翻)+オープンリーチ(1翻)+メンゼンツモ(1翻)

このように3翻は確定することになります。

仮に自分より先にリーチをかけている人がいた場合は、逃げる事ができませんから、フリコミをする可能性もあります。

先にリーチをかけた人の場合は、通常の得点を払う事にしているケースが殆どですが、稀に先にリーチをかけている人も役満払いになることがあります。

オープンリーチにフリコミをした時は、先にリーチをかけている人以外は基本的に役満払いになる事が決まっているので、大きな失点につながります。

現実的に考えて、リーチをかけていない他家から振り込まれることは皆無だといえますが、稀に後からリーチをかけてきて、役満払いになるという珍しいケースもあります。

2.オープンリーチ以外の代表的なリーチ

オープンリーチ以外にも代表的なリーチがいくつかあるので、簡単に説明をしておきます。

2-1.立直(リーチ)

聴牌の後にかける立直の事で、他の立直の事も含めて立直と呼ぶこともあります。

■リーチに関してもっと詳しく!
麻雀でトップを独占するリーチ判断の5つのポイントとはvol.15

2-2.即立直(ソクリーチ)

即立直(ソクリーチ)は、聴牌の後すぐに立直をかけることで、通称「即リー」といわれる戦術です。

2-3.二重立直(ダブルリーチ)

純粋な第一ツモでテンパイした方が、最初の打牌で立直をかけることで、通常の立直に1翻加えた2翻で計算される立直で「ダブリー」と呼ばれることが多くなっています。

2-4.追っかけ立直

おっかけ立直は、他家の誰かが先に立直している状態の時に後から立直をかけることで、先に立直をかけている人が安全牌を切ることができないルールを利用した戦術です。

役の大きな時や待ちが広い時に有効な立直になります。

2-5.ひっかけリーチ

一般的には、両面待ち(リャンメン待ち)を想定して、牌を切ることが多いので、スジに該当をする牌も捨牌されやすくなります。

自身の河にを切って立直をすると、他家は「スジ」牌であるを安全牌とみなして切る可能性があります。

そこで、あらかじめを待ち牌にするようにしておくと、牌は出やすいという事になります。

2-6.フリテンリーチ

フリテン立直は、フリテンの状態で立直をかけてしまう事です。当然他家からのロンは許されませんから、自力でツモ上がりをするしか方法はありません。三面待ちのフリテンリーチは、待ちが多いのでツモ上がりできそうですね。

■フリテンについてもっと詳しく!
麻雀のフリテンルールは必ず覚えなさい!攻めると降りるに使えます

3.オープンリーチはどんな時に使えるのか?

オープン立直を最もうまく活用するには、「チンイツ」や「ホンイツ」の時などのように、待ち牌がわかりやすくなってしまう時に有効です。

基本的に他家からの放銃が期待できないようなケースであれば、自身の「ツモ」にかけるのが理想だと考えられます。

また、いわいる多面張(タメンチャン)のように待ち牌が、複数ある場合はとても有利になるので、状況によっては利用しても良いといえます。

オープンリーチは、後から追いかけるように立直をする時は、待ち牌が多数ある状態か、高得点のチャンスであれば、勝負に出ても良いかもしれません。

一方で、自身の役は少なく、得点も決して高いとは言えないようなレベルであれば、無理に突っ張るのは危険な状況になるだけなので、利用価値は低いと判断できます。

4.オープンリーチの間違いとポイント

オープン立直のルールによっては部分的に公開をするルールの時があります。

この時に本当は待ちに関連している部分を隠していた場合は、上がる事はできません。ペナルティの対象にもなります。

5.まとめ

麻雀の戦術や用語の中でも、オープン立直という言葉を知っているという人は、かなり多いのですが、実際の使い方はあまり知られていません。

オープンリーチに対するルールは公式ではない事から、事前にしっかりとルールを決めておくことが、事前にトラブルを回避できる方法になります。