賭けない健康麻雀で100%の方が驚く集客を実現する4つのポイントを公開!

mahjong-idea

健康麻雀をしたことのない方にとって、「賭けないで麻雀をして面白いのか?」とよく言われます。誰しも感じることだと思います。

健康麻雀店では、この「賭けない麻雀」をどれだけ面白く、楽しくできるかが重要です。その内容によってお店の存続がかかっていると言って良いと思います。

麻雀は楽しいゲームだと言いますが、本当に何も賭けないで、ゲーム以外何もない内容で面白いのでしょうか?ワクワク感を感じることはできますか?がんばってトップを取ろうという意識になるのでしょうか?

やはり、「賭けるに代わるワクワク感、刺激、やる気」は必要です。それがなければ麻雀をするモチベーションにつながりません。

集客が出来ていない健康麻雀店では、この部分でのやり方が間違っている場合が多いです。もちろん方法は考えればたくさんありますが、その場合に柱となる4つのポイントがあります。

当店を初めて見学に来た方が驚いて「どうしてこの店にはこれだけ大勢のお客がいるの?」と口にされます。4つのポイントを押さえた上で、みなさんのお店で考えたオリジナルの方法を実践すれば、必ず集客ができていくと思います。それでは解説していきます。

ゼロ卓でスタートしたお店が、8→14→16→20卓に!
そこで実践してきたノウハウをすべて公開します。
千葉県柏市 NPO法人健康麻雀 グループ 代表より

1.リアルタイムにもらえる喜びがあること

麻雀中に何かご褒美があるとうれしいと思います。トップを取ったとき、一発で上がった時、役満をやった時などです。その場合に、一発で上がっただけでもうれしいわけですが、すぐにリアルに何かもらえるともっとうれしいですよね。

そこを考えなくてはいけません。

1-1.わかりやすくお客様が喜ぶ内容にする

例として、当店の現在のやり方を説明します。リーチして一発で上がった時、裏ドラがのった時、半チャン終了時、役満を上がった時にチップのやり取りしてもらう。

昔チップをやり取りした麻雀の経験はあると思います。一発ツモ裏ドラ3枚で、チップが4枚オールなんて本当にうれしいですよね!もちろん健康麻雀の場合は、チップが1枚100円!とかではありませんが・・・

  • 最初にお客様にチップを20枚お渡しします。
  • 一発役で上がった時、ロン上がりは相手から1枚、ツモ上がりは3人から1枚ずつもらう
  • 半チャン終了時点の順位でチップをやりとりする。1位は4位から3枚,2位は3位から1枚もらう
  • 役満を上がった時、ロン上がりは5枚、ツモ上がりは3枚ずつ3人からもらう
  • お帰りの際にチップを数えてもらい、その枚数に応じてポイントカードに判を押す

チップの枚数によるポイントカードへの判の数はあらかじめ決めておかなければいけませんが、それはポイントカード自体が何個で満になりいくらの価値になるのかにもよりますから、当店の例を掲載しておきます

ポイントカードは30ヶで1000円分
10枚以下ハン1ヶ
11-20枚ハン2ヶ
21-25枚ハン4ヶ
26-30枚ハン5ヶ
31-40枚ハン6ヶ
41-50枚ハン8ヶ
51枚以上枚ハン10ヶ

ポイントはご褒美がすぐにもらえる、わかりやすい内容でお客様同士でできること
です。2,3卓のお店をやることがあなたの目標であればどんなやり方でもかまいません。

これから大きく集客して、繁盛店を目指すわけですからなるべくお客様にやっていただくことも大事になります。やり方は他にもあると思いますが、間違ったやり方をしていると人件費にも影響が出て来ますから慎重に考えて行って下さい。

当店の場合の役満のご褒美は、お店から500円券を渡しています。ポイントカードに判を押すよりも、お客様からチップを貰い、お店からも割引券をもらう方が良いと考えます。ご褒美は実際すぐに手渡しできるものが良いです。

1-2.やってはいけない例

工夫して考えるあまりに、複雑になりお客様がわかりにくいものになってしまう場合があります。初めてのお客様にもわかりやすい内容が良いです。

①本日の役を決めそれを達成すれば判を押してあげるような場合
その役も毎日変わるとわかりにくいですからやめましょう。

②来店時にくじを引いてもらい、個人の特別役を決め、それで上がった時に判を押す
これに関しても同様に、個人によって違うことはわかりづらく、またお客様自身も忘れてしまう場合もありますからやめましょう。

③雨の日来店で1ヶ、50000点で1ヶ、純チャン三色で1ヶなどで判を押す
いろいろ判を押す場合があってわかりづらく、押す方もたいへんな作業となりますからやめましょう。

“ご褒美の注意点”

  • お店の負担にならない程度で、お客様が喜ぶ事
  • その場でリアルにもらえる事
  • その都度ポイントカードにハンコを押す事は忙しい時間帯ではお店の負担になるから避ける
  • 面白く、簡単でわかりやすいこと

2.1日遊ぶ中でのメリハリをつける

1章で考えた内容だけでは物足りません。何も賭けないわけですから、もっとワクワクさせるにはどうしたら良いか?考えて下さい。

一日4-8回ぐらい麻雀をする中で、だらりと麻雀するだけでは面白くないですよね!メリハリがあればもっと楽しくなります。

例えば2回目の半チャンでトップを取った方には、ポイントカードに判を5ヶあげますとかです。決め方は自由ですが、そういうメリハリがあれば「よーし2回目はトップ取るぞー」「さっきのは練習ね!」なんていう会話も生まれ楽しくなると思います。

当店の場合の例

一日の中で3回11:00,13:30,16:00に目覚ましのベルを鳴らします。このベルが鳴った時にやっている半チャンでトップをとればお店からゴールド金貨をプレゼントします。この金貨は普通のチップ3枚分の価値があります。

4位の方が負担するシステムではなくお店が負担するシステムですから、お客様は喜ぶはずです。1日に3回です。多すぎても少な過ぎてもいけません。「よーし次は頑張るぞ!」の声が聞こえてきそうな、丁度良いメリハリが大事です。

3.わかりやすい成績をつける

何も賭けない健康麻雀で、「がんばろう!」と思っていただかなくてはいけません。そのひとつが成績管理です。これもわかりやすく簡単でなければいけません

わかりにくい例

  • 獲得した得点を記録し数百万点、数千万点でランキングする
  • 25000点持ちの30000点返しのポイントでランキング
  • レーティングシステムでランキング

上記は数字が大き過ぎたり、数字そのものの意味、システムがよく理解できないのが普通です。これでは高齢者をターゲットにした健康麻雀のお客様にはわかりづらいです。だからモチベーションが湧かず続けることが難しくなるのです。

当店の場合の例

平均順位でランキング表示する。4ヶ月でクリアにし、また新しくスタートさせる

平均順位とは、麻雀の順位1位から4位の成績の平均である。
例えば、今日の4回の成績が1位、2位、3位、4位の場合

(1+2+3+4)÷4=2.5 で今日の平均順位は2.5になります。

獲得した順位の合計を回数で割れば平均順位が出ます。この数字は強者ほど低くなります。2.5はそのメンバーの中で、丁度平均的な強さの方の数字です。1,2位の比率が高くなれな平均順位は低くなり、3,4位の比率が高くなれば平均順位は高くなります。

下図の表は当店で実際に店舗に掲示している表です。1月1日から4月30日までの成績です。毎日更新するのは大変なので、3日に1回のペースで張り替えて掲示しています。

heikin

3-1.規定打数を決め、上位の方の大会を行う

平均順位の場合、既定打数を決めなければ、回数が少ない方が上位に来てしまいます。考え方は野球の打率の順位と同じです。当店の場合は4ヶ月で100半チャンと決めています。このことで成績の良い方は、がんばって100半チャンやろうという気になりますよね!

当店では4ヶ月ごとに、既定打数を超えた上位60位までの方だけが参加できる最高位戦をやっています。この大会にはやはり麻雀の強い方々が集まり、いつもの大会とは違う真剣さでみなさん参加されています。

平均順位で上位に入ることで特に賞品はありません。

この大会の1回戦目はランキング順に着席し、TOPの方を紹介しみなさん拍手で称えます。これは当然うれしいですよね!そしてランキング順に着席することで、上位の方はさらに嬉しく、1回戦目は特に真剣にもなります。

これは麻雀の自己顕示欲を表現したものでもあります。その重要性は下記のサイトでも説明致しています。
変わるなら今!麻雀大会で今の10倍集客するための5大ポイント~前編

麻雀の平均順位では、半チャン回数を多くデータを取れば強い方が当然上位にきます。100半チャンは微妙なラインとなり、思いがけない方が上位になる場合も多くあります。

ポイントは4ヶ月で成績をすべてゼロにすることです。例えば1年ですと長過ぎてしまい、既定打数も増やさなければいけないので、途中から参加した方にはつまらないですよね!4ヶ月100半チャンが丁度良いです。

上位になったら、どの場合でもたくさん褒めてあげて下さい。本当に喜ばれること間違いありません!

そして、この大会に参加すること、また優勝することがみなさんのモチベーションのひとつになっていくのです。

平均順位で既定打数を設けることは集客につながります

4.お客様を待たせない事

麻雀は4人いないと出来ない遊びです。お客様が来店し、参加人数が半端な場合にみなさんどのように対処しているでしょうか?

スタッフは常時3名いますか?

最初からそんなにスタッフを雇う余裕はないと逆に怒られそうですね。だからといってお客様を待たせて良いのでしょうか?

自分がお客だとしたらどうでしょうか?

初めて行ったお店で、いつになったら麻雀ができるかわからないお店にまた行く気になるでしょうか?どうすれば良いか対処方法を教えます。

4-1.予約制にして前日に人数を揃える

前日までにお電話などで予約していただき、人数が自分を含めて4の倍数になるように揃えるということです。つまり、揃わなければ、当日までに電話であなたが人数を集めるということです。

例を上げて説明します。

明日の健康麻雀の参加者が丁度8名だとします。そこへ夕方におひとりご参加予約の電話がありました。自分を含めても10名です。そういう時はあとふたり電話で探しましょう!しつこくならない程度にお誘いをするのです。

あなたのお店のシステムを理解されている方がいて、用事等がなければ参加してもらえると思います。やっと探して12名になったと思ったらひとりキャンセルがありました。そしたらまたひとり探して下さい。

一番大変な例を上げて説明しましたが、私は3年ぐらいはこの方法でひとりでやっていたと思います。そして少しずつスタッフを増やしていきました。

そんな電話したくないと思っていますか?慣れればなんてことありません。予約システムを取らずにお客様に待ってもらうようなやり方だけは避けた方が良いです。自分の努力があれば解決できることをお客様の負担にしてはいけません

「楽しかったからまた来よう!」と思っていただかなくてはいけないのに、30分や1時間?待たせるということは、内容以前の問題です。これは何としてでもクリアできるように考えて下さい。

電話営業できるというのは、健康麻雀の特権でもあります。お客様にお誘いの電話をすることは集客にとって大事なことです。努力は確実に成果となって現れますからがんばって下さい。

5.まとめ

今回のブログでは健康麻雀の運営の仕方で大切な4つのポイントを紹介いたしました。このポイントを踏まえた上であなたのお店でできる事を考え工夫して実行して下さい。

すでにお店を営業している方はやり方を変えることは難しい部分もあります。良いと思ったことや、自分のやり方がダメだと感じた方は修正して良い方向に向かえば、お客様は確実に喜ばれますから実行することが大事です。

良い変化は必ずお客様に伝わり、あなたの努力が信頼感へと向かい集客につながるのです。それではまとめます。

“集客につながる健康麻雀とは”

  • お客様にわかりやすいワクワク感のある内容にする
  • リアルな手渡しご褒美がある事
  • お客様のモチベーションが続き、わかりやすい成績表示にする
  • 一日の中でメリハリをつけた内容
  • ご来店されたお客様を待たせない工夫と努力