麻雀トッププロを目指す前にして欲しい!あなたが一番やるべき事とは?

麻雀が強い方だと一度はプロになってみたいと思われた方はいると思います。自分の腕がどこまで通用するか試して見たくなるのだと思います。

また強い方が集まる場所で麻雀をしたくなる気持ちになるものです。

麻雀のプロ団体は6団体あります。それぞれ実力に合わせて各リーグに分かれていて、成績により上のリーグに進めるシステムです。しかしほとんどは、登録料を団体に支払ってそこに参加する会員みたいな存在なのです。

タイトル料も高くても300万と聞きます。麻雀ゲームの性質上1年間に同じ方が数回タイトルを取るのは無理だと言われています。プロとして生計を立てることができるのは、ほんの一握りだといって良いでしょう。

地元の仲間と麻雀をしているのとは訳が違います。ある程度自信のある方々の集まる中で、成績を残していく事は相当に高い壁があります。

大半の方は雀荘で仕事をしながら、プロの肩書をもらいトッププロを目指しているのです。仮にトッププロになったとしてもそれだけでは安定した生活ができないのが現実なのです。

それでは、麻雀に関連した職業に付きたい若者はどうしたら良いのでしょうか?20歳から40歳にかけての大事な時期を無駄にしてはいけません。私がお薦めする麻雀業を紹介致します。

ゼロ卓でスタートしたお店が、8→14→16→20卓に!
そこで実践してきたノウハウをすべて公開します。
千葉県柏市 NPO法人健康麻雀 グループ 代表より

1.自分の好きな事を職業にしよう

あなたは麻雀が大好きですが、今の仕事に不安を感じているとします。現在の仕事は麻雀でなくても良いです。

  • 仕事はしているが、全くやる気がでない
  • 何をしたら良いかわからない
  • けど何か稼げる仕事で出来そうな仕事は何かないか?
  • 将来自分がどんな仕事に就きたいか?

年を重ねるごとにこの将来への不安は次第に大きくなっていくものです。このままだと自分はどうなるのか?

そんな時にふと考えてみて下さい。

自分の一番好きな事って何だろうか?」と考えてみて下さい。麻雀が好きであれば、麻雀に携わる仕事が理想です。体を動かす事が好きであれば、何かそれに関係する仕事に就くのが理想です。

なぜかと言うと。

どんな仕事でも、毎日一生懸命やり結果を出すということは大変な作業です。考え、伸び悩み、壁にブチ当たりストレスの連続が仕事です。

そんな時に頑張れる一つの原動力がやっていて好きな事かどうか?というのがあります。自分の大好きな趣味が仕事であれば、つらいことも乗り越えていけるものなのです。

また一番自分が得意なジャンルで自分の人生を勝負するべきなのです。あなたはその道のプロなのですから、ビジネスになるのです。

でも今はあなたはもしかすると別の仕事をしているのかもしれませんね。それでもかまいませんから、一度自分の一番好きな事は何か?について考えてみて下さい。

それが何かわかったら、その関係の仕事を探して頑張って欲しいと思います。

たぶん「そんなの理想で、趣味を仕事にするなんてそんな上手くいかないよ」と思われるかもしれませんね。

あなたはまだ若いです。自分の人生を自分次第でどのようにも変えていける年代です。まずはポジティブな発想を持つことが大事です。

無理だと思えば何もできなくなりますから。不可能なことは何もないと考えて下さい

2.今するべきことは何か?

ここからは、あなたの仕事や生活が麻雀に大きく関係している方だと仮定してお話していきます。

あなたは今何をしていますか?

  • フリーのリーチ麻雀のメンバー
  • どこかの麻雀プロ協会に所属し何か別の仕事をしている
  • ノーレートの麻雀の従業員
  • 麻雀は大好きだが麻雀を趣味として長年やっている

他にもあると思いますが、まず大事な事は今の仕事を人一倍一生懸命やることです。なんでもまじめに一生懸命に取り組む練習だと思って下さい。

そのことは必ずあなたのためになり、あなたの評価につながります。

どういうことかというと、

会社であるプロジェクトを立ち上げようとしてるとします。その責任者を誰にするか上司が考えています。それまでの実績が同じふたりがいたとすれば、一生懸命に仕事をするあなたに任せるはずです。

チャンスというのは、単に運が良いから訪れるものではなく、普段の努力から生まれるものです。

もう少し言えば、麻雀プロを目指すのではなく、自分の店を持とう!ということです。それも健康麻雀の店です。麻雀のプロを目指しても良いのですが、自分の店も持つべきだと思います。

3.健康麻雀の店を始めよう

簡単に店をやれ!なんて言っても資金はどうするんだ?と思われると思います。確かに資金は必要ですね。でも私は資金ゼロでやりました

それは後で話しますが、まず麻雀店にも大きく2種類あります。リーチ麻雀とセット麻雀の店です。私がお薦めするのはセット麻雀のお店でしかも営業時間が10時から19時ぐらいの健康麻雀をメインにしたお店になります。

麻雀店というと深夜営業もと思うかもしれませんが、深夜営業はあなたの体を確実に壊し、長続きすることは難しいです。

それよりも夕方までの営業のお店を目指し、あなたの目の届く範囲で営業をしていけば十分に経営していくことができます。同じ家賃だから、できるだけ長く営業してなどど考える必要はありません

お客様のターゲットを高齢者に絞るのです。若い方をターゲットにすれば当然営業時間は長くなります。そうではなくリタイア後の余暇としての麻雀を提供できる店を目指しましょう。

あなたが麻雀を好きなように、必ず同く考える方がいるはずですよね!その方々、しかも昼間の時間を利用して麻雀をしたいと思う人をターゲットにするのです。

超高齢化時代に入り、ターゲットはいっぱいいるはずです。あとは正しいやり方とあなたの一生懸命の努力があれば必ず成功するといって良いと思います。

それはわかるが「資金はどうするんだ!」と思っていますね!

4.居抜きで始めよう

現在の麻雀店は年々閉店し、少なくなってきています。あなたが利用しているお店はどうでしょうか?お客は入っていますか?その経営者はもうお店を閉めたいと考えてはいませんか?

そういうお店を継続して営業をするのです。この場合の店舗の営業者はそれまでのオーナーのままです。運営と始めてからの家賃などすべてをあなたが賄います。

この場合の前オーナーのメリットは

  • 客の来ない店番をしなくてすむ
  • たまに来るお客に深夜までつきあう必要が無くなる
  • 家賃の支払いから解放される
  • 店舗を明け渡すための100万近い現状復帰費用が無くなる

前オーナーのデメリットは、大家さんに預けてある保証金はすぐには戻らないということです。しかしちょっと考えてもメリットの方が大きいためにそんなに難しい話ではないと思います。

これにはあなたとオーナーの間に相当の信頼関係がないと成立しません。だから2章でお話したあなたの一生懸命さ、まじめさが必要になるのです。信用が第一なのです。

少しでも軌道にのればオーナーにレンタル料みたいな形で毎月お礼をしましょう。前オーナーの名前で営業しているからです。

そして3年の実績があれば、保証金ぐらいの額であれば簡単に銀行から融資が受けられるはずです。そしてすべてあなたの名前で営業が変わります。風俗の届出、不動産もすべてあなたの名前で申請、契約をするのです。

もしあなたにその店の保証金を支払える貯金があれば、最初から契約しても問題ないと思います。

5.どこかの協会に所属すべきか?

世間には様々な協会があります。麻雀にも多数の協会があると思います。プロ団体も同じです。そこに所属して何か安定してお給料がもらえるのでしょうか?

麻雀が強いだけでは生活することはできないのです。囲碁や将棋とは違うのです。麻雀で生計を立てるには自分でビジネスを起こすしかないのです。その方がずっと近道です。

フランチャイズという業態も協会と似ています。ロイヤリティなど高額で多店舗展開など余程うまく行かなければ頭に描くような収入は無理だと思います。

ビジネスで起業するなら、自分のカラー、やり方で自由にやるべきなのです。そこにお客が付くかどうかです。もちろん学び、勉強することは大事です。それはできるだけ近道で軌道にのせるためです。

協会に所属するには毎年の会費が必要になります。また、プロの公式戦に毎月参加しなければいけないはずです。そういったことがあなたのお店を維持するのに負担になるようでは問題だと考えます。

トッププロへの道は、お店の運営が軌道に乗り始めてからでも遅くはないはずです。

6.失敗したらどうするの?

もしかしたらそんな風に考えてはいませんか?バイトをしながら麻雀プロとして10年20年やり続けて何が残るのでしょうか?若い体力のあるうちに行動すべきなのです。

もし上手く行かないとしたら、それはあなたの情熱が足りないだけです。何としてでも成功させるという強い決意さえあれば難しいことはありません。

明日の麻雀大会で、もう4人参加者を集めなさい。電話営業など行うわけですが、どこかで面倒くさいとか考えてはいませんか?

明日の大会を28人ではなく32人で行いたい。それには集めなければ無理です。もしこれができないとすれば・・・単にあなたのやる気がないだけなのです。

もしそのような状況があれば、上記のように考え、受話器を取って電話営業しましょう。必ずもう4人集められるはずです。何事も面倒だからやめようと考えてはいませんか?

もうひとつは、お客が参加したくなるような店作りを目指すことです。お客様はどこかで麻雀をしたいわけです。あなたのお店で麻雀をしなければ損だと思ってもらえるぐらいの内容にすることです。

或いは遠くからでも行きたい店作りとも言えます。「わざわざ行きたい店作りです」が重要です。あなたがそれまで実践してきた一生懸命さえあれば不可能はないのです。あったらオカシイと考えて下さい。

失敗など恐れずに行動を起こすことが成功への第一歩です。

7.まとめ

今回私が言いたかったことは、自分が好きな麻雀を職業にするのであれば、健康麻雀店を開業しなさいということです。

フリーのメンバーであったり、麻雀のトッププロだけを目指してはダメだということです。

そしてあなたの地域で楽しい麻雀のスペースを作りあげましょう。まだまだ不足しているはずです。健康的に行う健康麻雀は、リタイヤ後の生活を豊かにする社会貢献に十分なっているのです。

当ブログを通じて、私もみなさんのお手伝ができればと思って書いています。