【そこだよそこ!】健康麻雀店への集客の難しさからヒントがわかる

↓↓今スグ無料で手に入れて下さい↓↓

さて!
今回のお話は!

健康麻雀店への集客の難しさからヒントがわかる

というテーマです。

健康麻雀をやってみようかなー?と
考えた時に立ちはだかる壁があります。

お客様は
こんなところに抵抗感を感じる

そこをしっかりと考えて対策することで
集客に結びつきます。

こんにちは!
ブログを書くのも楽しい!

NPO法人 健康麻雀グループ
理事長 河原 健治です。

それでは解説します!

健康麻雀店への集客の難しさからヒントがわかる

それでは本日のテーマ

「健康麻雀店への集客の難しさからヒントがわかる」

これについてお話しますね!

私が考えるターゲットは
60歳以上でリタイアされている方

そのターゲットが空いた時間に何をしようか考えています。

まずは問題点を5つ上げてみました。

麻雀店への暗いイメージ
ゲーム時間が長い
自分のレベルへの不安
別の趣味をするか?
自分ひとりでもできる?

順に見ていきましょう!

①麻雀店への暗いイメージ

ダークでたばこ臭いイメージ
↓↓↓↓
ドアや窓を工夫。明るいイメージでホームページを作る。

②ゲーム時間が長い

麻雀というと、どうしても長い間プレイするイメージです。
それでは腰痛の方などはご参加できないことになります。

人によって!
2時間から5時間、7時間と選択していただけるようにしましょう。

その時に!注意して欲しいポイントがあります!
誰が見てもわかりやすい内容であること」です。

これは本当にやりがちなんです!
とにかく単純にねー

③自分のレベルへの不安

30年ぶりに麻雀をする。点数がわからない。といった不安があります。

安心できるような接客、ルール。
メンバー構成を考えるようにしましょう!

④別の趣味をするか?

お客様は自由です。
空いた時間に何をするかを考えています。

そのときに「そうだ!やっぱり麻雀にしよう!!

こんな風に思っていただける工夫をすることが必要です。

⑤自分ひとりでもできる?

お客様はこれまで4人のお仲間としかやったことがありません。

自分ひとりで行ってもできるのかな?

こんな不安を抱えています。

「おひとりで来ても楽しむことができますよ!」

こういったシステムにする必要があります。

そんなことわかっているよー
なんて言われそうですが・・・

スタッフがいなくて、
お客様を平気で待たせていませんか?

もちろんそれもNGですよね。

こんな感じで麻雀の問題点を考えることで集客につながります。

一番難しいことは④の「別の趣味をするか?」です。

他ではなく健康麻雀を!
それもあなたのお店を選んでいただかなければいけません。

お客様の意思は自由です。
その時に「あなたのお店の方を向く
そんな意識になるにはどうするか?

そういった意識を持って
工夫をしたお店作りさえすればもう間違いはありませんね!

ぜひオリジナルで考えて下さい。

アイデアはいくらでもあるはずですよー

もしわからなければ・・・

ぜひ河原に聞いて下さいねー。

それでは!
最後まで読んでいただきありがとうございました。

感謝!

河原 健治でした^^;

追伸!
私の大事な大事なクライアント様へ
「僕はいつでもあなたの味方です」
「自分が経営しているつもりで今回も望みます!」
「だから大丈夫!一緒に頂点へ!」

健康麻雀の営業で!効果的な電話のかけ方とは?

2020年2月16日

実は健康麻雀大会を多く開催することで地域No.1店になれます

2020年2月20日

**********

経営に関するノウハウはとても多岐にわたります。
もっと詳しく知りたい方は
メルマガにまとめましたので、
メルマガ登録からゲット願います

読者限定で教えています。
↓↓↓
今すぐクリック♪

それでは本題の

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
健康麻雀店への集客の難しさからヒントがわかる
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

続きは動画でご覧ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

他にも役に立つ動画をアップしています!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
動画の「チャンネル登録」をぜひぜひお願いします。
あなたのお役にたったら「いいねボタン」もポチッ!
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

麻雀店特有の時間が不規則なライフスタイルを見直しましょう!
毎日忙しく働くあなたのパートナーとなり開業をサポートします。
↓下記よりクリックして登録してね↓

 


↓↓今スグ無料で手に入れて下さい↓↓




自分の好きなことを仕事にしたい!
健康麻雀店をやりたい!

「健康麻雀経営をしてみたい!」
「でもどうやって人を集めたらいいの?」
いろんな疑問がありますよねー!
なるべくリスクをさけてチャレンジしてみたいと思いませんか?
詳しくは黄色のボタンをクリック!




この記事を書いた人ーWRITER-






千葉県柏市 NPO法人健康麻雀グループ
理事長 河原 健治です!
もともとは麻雀が好き過ぎて始めたお仕事。
「賭けない麻雀を面白くするには?」
を考え始めたら・・
10卓以上の大会を2400回以上開催!
2019年より健康麻雀経営サポート開始!
詳しいプロフィールは下のボタンで解説。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA