パターン④ピンフ以外でツモの場合は30から考えよ

はい!みなさんこんばんは!
千葉県柏市 NPO法人 健康麻雀グループ
理事長 河原 健治です。

今回はパターン④「ピンフ以外でツモの場合は30から考えよ」です。

前回の「ピンフ以外でロンの場合は40から考えよ」が一番の山だと言いました。

それと同じ考え方で今回も行います。

ただ違うのがスタートの符が30だということです。

それともうひとつ大事なことをお伝えします。

昔に麻雀の点数を少し覚えた方は「切り上げ」ということをします。
点数鉄則ではそのようなことはしません。
切り上げているようでは計算が遅くなります

それぐらいスグだよと思うかもしれませんが、そういうことがいくつか重なることで計算は遅くなります。
なので省くことができるものは極力省く考えです。

これまでのそういった知識は一旦リセットして点数鉄則の通りに学んでくださいね!

記事の一番下には動画もご用意しました。
文章だけではなかなか頭に入らない方はどうぞご覧ください!

長くなりましたが本題に入ります!

ピンフ以外でツモの場合は30から考えよ

まずは今回も符の点数表と子の点数表。

 

 

そして下のボックスの記述を読んで下さい。

◆ピンフ以外でツモの場合は30から考えよ
手牌中の符が10以内であればそのまま30で、10を超えれば40で、20を超えれば50で考える。
つまり24符なら、30+20で50符、38符なら30+30で60符になる

それでは例題!

例題① リーチはなし、ドラもなし、をツモ上がり!

 

手牌の中の符は

が8点、ツモに関する符が2点で合計10点。
ちょうど10点は30符のままです。

なので30符2ハンで考えます。
2000点を親が1000点、子が500点払う。

例題② リーチはなし、ドラもなし、をツモ上がり!

 

手牌の中の符は
が8点、ツモに関する符が2点、待ちに関する符が2点で合計12点。
10を超えましたから今度は40符2ハンになります。
なので2600点!親が1300点、子が700点払う。

例題③ リーチはなし、ドラもなし、をツモ上がり!

 

 

手牌の中の符は
が32点、が4点、ツモに関する符が2点、待ちに関する符が2点で合計40点。
ちょうど40は30扱いで30+30は60符。
60符2ハンになります。
60符2ハン=30符3ハンと考えてもいいです。
なので3900点!親が2000点、子が1000点払う。

どうですか?
最後の問題は少し難しかったですね!
これぐらいがパッとわかればうれしいですよね!

今回の解説は以上です。

もう少し確認の意味でも深く知りたい方は、下記動画をご覧ください↓

理解を深めたい方は下の記事をご覧ください。

点数鉄則マニュアルで解く!
練習問題100選!発売中!

書籍版 価格 2380円(税込)
動画版 価格 2980円(税込)

送料無料 
別途 代金引換の場合 400円
携帯用に便利な!
A5判点数鉄則マニュアルプレゼント!
 



 
「点数計算がスパッと言えるようになりたい!」を実現。17年間多くの方に認められた全く基礎を無視したその方法とは?

点数鉄則マニュアル通りに!厳選された練習問題100問を解き進めて下さい。
1問1問マニュアル通りに解説、自然に即答のテクニックが習得できます!
 
「点数なんて今さら聞けない!」
そんなあなたが求めている情報はコレ!
 
書籍版(ご自宅用)と動画版(外出用)があります。
 
 


もし何か河原に直接ご質問があればメルマガ読者限定でお答え致します。
下記コメント欄からどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です