麻雀のすべての上がりは6つのパターンに分かれる真実

みなさんこんにちは!
NPO法人 健康麻雀グループの河原です!

今日からどんな方でも必ず点数を覚えることができる!

点数鉄則講座を開始します。

今日はその第一回目!!

簡単ですからついてきてくださいね!

私は麻雀の上がりを6つのパターンに分けて考えています

6つのパターンに分かれるってホント?
①ピンフツモの場合は20で考えよ
②ピンフロンの場合は30で考えよ
③ピンフ以外でロンの場合40から考えよ
④ピンフ以外でツモの場合は30から考えよ
⑤鳴いている場合は30から考えよ
⑥チートイツは50で考えよ

 

以上の3つですがわかりますか?

ちょっとわかりづらいなー
という方のために、下の動画でさらに解説していきます!

ピンフ役はわかりますか?

ピンフがわからないと点数はわかりません。
ピンフ役の条件についてまとめておきます。

ピンフ役の条件
①メンゼンであること
②すべてのメンツが順子(シュンツ)であること
③待ちの形が両面であること
④雀頭が役牌でないこと

基本役ですからここでしっかり覚えて下さい!


もし何か河原に直接ご質問があればメルマガ読者限定でお答え致します。
下記コメント欄からどうぞ!

2 件のコメント

  • 「点数鉄則、あがりの6パターン」はとてもわかりやすいです。
    この6パターンを知ってから、苦手な点数計算が出来るようになってきました。

    以前、この6パターンを書き移したものを手元に置いて、銀座の女性だけの麻雀サロンで
    やっていた時、そこのスタッフの方がそれを見て、「それ、すごくわかり易いね、
    ここでもそれを教えよう、そのメモ貸してくれる」と言われ、お貸ししたら、
    すぐにpcで点数計算のプリントを作ってくれました。 パクられてしまいましたよ(笑)

    • コメントありがとうございます。
      >点数計算ができるようになってきました
      そうですか!とてもうれしいです。
      わかってしまえば難しくないですからね!
      点数計算を覚えていただくことでみなさんの麻雀ライフも楽しくなると思っています。
      銀座のスタッフはなかなかイイ人ですね^^;
      理事長 河原 健治

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です