健康麻雀は本当にビジネスになるのか?

↓↓今スグ無料で手に入れて下さい↓↓

今回は、
これをご覧になっているみなさんが
疑問に思う!

健康麻雀は本当にビジネスになるのかどうか?
ついてです。

もしかすると
今の65歳以上の方が少なくなると・・・
もう麻雀の時代は終わりなんでは?

こんな風に思う方もいるかもしれません。

こんにちは!
その心配は無用ですよ!

NPO法人 健康麻雀グループ
理事長 河原 健治です。

それでは解説していきます!

健康麻雀は本当にビジネスになるのか?

結論からいいますと!
(記事を読むのが面倒な方は下の動画をご覧ください)

もちろんなるにきまっているじゃん!

です。

あなたは麻雀が面白いゲームだと思いますか?

思っていますよね!

でも今の若い方々はだんだん賭け事をしなくなっていますよね

それならなおさらいいんじゃないですか?

あなたが実践する健康麻雀の
ポイントは2つ!

①賭けない麻雀の可能性を引き出すワクワク健康麻雀をする
②参加者同士の会話、そしてお仲間を作ることを目的とする

今後は65歳定年、100歳時代に突入し、
退職後は、なんと35年もあります。

その長い間にどう過ごせばいいのでしょうか?

もちろん旅行や運動もイイと思います。

そんな時に健康麻雀の出番なんです。

あなたの地域で私が実践している
ワクワク健康麻雀をすればイイんです。

あなたが想像しているような
健康麻雀とは少し違うかもしれません。

会話や笑顔が溢れる健康麻雀です。
そのための仕掛けがたくさんあります

麻雀の卓取り扱い業者には、
当店はバケモノと呼ばれています^^;

なぜかというと
11卓以上の大会を月に16回もこなしているからです。

これこそが
ワクワク麻雀の実態です。
これまで何度も何度も試行錯誤を繰り返してきた結果。

お客様が求めていることがわかってきました。
ポイントは5つほどあります。

そこを外さないで独自のアイデアを考えるだけです。

毎日、集客のことをひたすら考えてくれる従業員はいるでしょうか?
経営とは孤独なものです。
自分で考える他ありません。
私も同じです。

それでもどうしようもなく、
悩んでいる方も多いと思います。

お客様は人です。
みんな考えをもって行動しています。
その方々を自分のお店に向かわせなければいけません。

これは至難の業だと思います。

無料にすれば来るのか?
それがそうとも限りません。
そのぐらい経営とは難しいと痛感しています。

どうやってお客様をこっちに振り向かせるか?

ブログだけでは書ききれない内容です。
誰も知らない魂の集客テクニック
メルマガ読者限定でお伝えしています。
(私のスタッフも知らない)

具体的に何をすれば喜ばれるのか?
について知りたい!

大地震・最大級台風が来ても人が集まる理由とは!

2019年11月6日

健康麻雀でまた来たいと思う初心者教室とは

2019年12月7日

こんな方は私のメルマガにご参加してみて下さい。
メルマガ読者は私のファミリーです。
読者限定で教えています。
↓↓↓
今すぐクリック♪

それでは本題の

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
健康麻雀は本当にビジネスになるのか?
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

続きは動画でご覧ください。
↓↓↓↓↓↓

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
健康麻雀は本当にビジネスになるのか?
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

他にも役に立つ動画をアップしています!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
動画の「チャンネル登録」をぜひぜひお願いします。
あなたのお役にたったら「いいねボタン」もポチッ!
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

麻雀店特有の時間が不規則なライフスタイルを見直しましょう!
毎日忙しく働くあなたのパートナーとなり開業をサポートします。
↓下記よりクリックして登録してね↓

 

↓↓今スグ無料で手に入れて下さい↓↓




自分の好きなことを仕事にしたい!
健康麻雀店をやりたい!

「健康麻雀経営をしてみたい!」
「でもどうやって人を集めたらいいの?」
いろんな疑問がありますよねー!
なるべくリスクをさけてチャレンジしてみたいと思いませんか?
詳しくは黄色のボタンをクリック!




この記事を書いた人ーWRITER-






千葉県柏市 NPO法人健康麻雀グループ
理事長 河原 健治です!
もともとは麻雀が好き過ぎて始めたお仕事。
「賭けない麻雀を面白くするには?」
を考え始めたら・・
10卓以上の大会を2400回以上開催!
2019年より健康麻雀経営サポート開始!
詳しいプロフィールは下のボタンで解説。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA